GeForceグラボ搭載でApex Legends/CoD/フォートナイトなどが低遅延になるNVIDIA Reflex発表

0 PCゲーム    

リフレクス

NVIDIAは、NVIDIA Reflexという新たなテクノロジを発表しました。対戦型マルチプレイヤーゲームのシステム遅延を削減する技術だそうです。

NVIDIA Reflex:対戦ゲームで遅延を最適化および測定するテクノロジ スイート

現在、GeForceゲーマーの73%が対戦型マルチプレイヤーゲームかeスポーツタイトルをプレイするようになり、パソコンの環境やハードウェアの調整が重要になってきています。

NVIDIAは数年前から始めた研究の最初の大きな成果となるNVIDIA Reflexを発表。これはGPU、G-SYNCディスプレイ、ソフトウェアテクノロジからなる革新的なスイートであり、対戦ゲームにおけるシステム遅延(別称、click-to-display レイテンシ)を測定し、削減してくれるとのことです。

Reflex低遅延モードは今後、『Apex Legends』『Call of Duty: Black Ops Cold War』『Call of Duty: Modern Warfare - Warzone』『Destiny 2』『フォートナイト』『Valorant』などの対戦ゲームに導入され、GeForce GTX 900以上のグラボで利用できます。

性能

Apex Legendsの場合、GTX1660搭載で約10%削減、RTX3080搭載で約43%もシステム遅延を削減できるようです。Acer、ASUS、MSI、Dellから販売される新しい360Hz G-SYNC eスポーツ ディスプレイを使用すれば、さらに削減できるようです。

システム遅延とは

システム遅延とは、マウスやキーボードの操作とその結果となるディスプレイ上のピクセル変化 (マズル フラッシュやキャラクターの動きなど) との間の遅延です。以下がその例です。

  • 反応が遅れる
    マウスを動かした際に、画面上のエイムが遅れるようなケースです。
  • 射撃が遅れる
    射撃した際に、弾痕のマーク、弾道、武器の反動が実際のマウス クリックよりも遅れるようなケースです。
  • 相手の位置が遅れる
    これは「飛び出し有利」と呼ばれています。(そうです。「飛び出し有利」もシステム遅延の影響なのです)

入力遅延

ゲーミングマウス ロジクール G403h
ゲーミングマウス ロジクール G403h
ゲーマーが使う定番マウス
Crucial SSD 1000GB
Crucial SSD 1000GB
PS4/PC向けの高速ストレージ
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。