今後、複数タイトルがNVIDIA DLSS/Reflexに対応予定!RTX対応タイトルは130に増加

対応

NVIDIAは、NVIDIA RTXテクノロジーに対応しているタイトルが130タイトルを超えたと明らかにしました。業界全体でレイトレーシング、NVIDIA DLSS の導入が加速しているとのこと。

NVIDIA DLSSとレイトレーシング

GeForce RTX GPUが2年前に発表されてから、新たなテクノロジーがPCゲーミングとコンテンツ制作を変えてきています。

レイトレーシングは、ゲームの映像品質を劇的に向上させる技術です。現実世界のような光源・反射・影を表現できるため、ゲームのグラフィックがよりリアルに描画されるようになります。キャンペーンモードでは有効にしてプレイしたい機能です。

NVIDIA DLSSは、映像品質をできるだけ維持しつつ、フレームレートを向上させるテクノロジーです。ゲームに、レイトレーシングを導入すると重くなるため、それを補うためにDLSSが導入されることが多いです。DLSSのみ対応のゲームもあります。

これまで60以上のRTX対応ゲームがレイトレーシングまたはDLSSに対応しています。以下がその例です。

  • Battlefield
  • コール オブ デューティ
  • Control
  • Crysis
  • サイバーパンク2077
  • DEATH STRANDING
  • DOOM
  • ファイナルファンタジー
  • フォートナイト
  • Marvel Avengers
  • メトロ
  • Minecraft
  • モンスターハンター
  • OUTRIDERS
  • Red Dead Redemption
  • トゥームレイダー
  • War Thunder
  • ウォッチドッグス
  • Wolfenstein

今後、レイトレーシングとDLSSの対応が予定されているゲームは以下の通り。

  • The Ascent
  • DOOM Eternal
  • DYING : 1983
  • Icarus
  • レゴ® ビルダーズ ジャーニー
  • The Persistence
  • Red Dead Redemption 2 (DLSSのみ対応予定)
  • レインボーシックス シージ (DLSSのみ対応予定)

また、Adobe Photoshopのスーパー解像度やBlackmagic Design DaVinci ResolveのMagic Mask、OBSのAI 音声ノイズ抑制といったNVIDIA Studioエコシステムに加わっている70以上のコンテンツ制作およびデザイン アプリケーションが、RTX アクセラレーテッド レイトレーシング、DLSSまたはAI機能に対応しています。

NVIDIA Reflex

NVIDIA Reflexとは、対戦ゲームにおけるシステム遅延(入力ラグ)を測定し、削減してくれるテクノロジーです。遅延が削減されるため、敵に攻撃が当たりやすくなったりします。

Reflexが登場してからまだ9ヶ月ですが現在、競技向けシューターゲームのトップ15タイトルのうちの12タイトルがNVIDIA Reflexに対応しています。今後、「Escape from Tarkov」を含む4タイトルが対応予定です。

  • Crossfire HD (対応予定)
  • Escape from Tarkov (対応予定)
  • Naraka: Bladepoint (対応予定)
  • War Thunder (対応予定)
  • Apex Legends
  • Call of Duty: Black Ops Cold War
  • Call of Duty: Modern Warfare
  • Call of Duty: Warzone
  • CRSED F.O.A.D
  • Destiny 2
  • Enlisted
  • Fortnite
  • Ghostrunner
  • Kovaak 2.0 The Meta
  • Mordhau
  • Naraka Bladepoint
  • Overwatch
  • Rainbow Six: Siege
  • Rust
  • Valorant
  • Warface
ゲーミングマウス Logicool GPRO
ゲーミングマウス Logicool GPRO
コアゲーマーが使う高性能マウス
ゲーミングマウス Logicool G403h
ゲーミングマウス Logicool G403h
ゲーマーが使う定番マウス
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!