ホグワーツ・レガシーのPS5トレーラー公開!次世代機で体験できる機能紹介

ホグワーツレガシー

ハリポタの世界が舞台の期待ソフト「Hogwarts Legacy(ホグワーツ・レガシー)」のPS5向けトレーラーが公開されました。次世代機で体験できる機能が紹介されています。

ホグワーツ・レガシーのPS5トレーラー

海外向けのPlayStation公式チャンネルで、1分間の新トレーラー(英語)が公開されています。PS5版ホグワーツ・レガシーではPS5独自の機能により、没入感のあるゲームプレイが可能だとしています。

PS5版ホグワーツ・レガシーは、DualSenseワイヤレスコントローラーの「アダプティブトリガー(抵抗)」「ハプティックフィードバック(繊細な振動)」「ダイナミックライトバー」「イマーシブサウンド」「Tempest 3Dオーディオ」と「超高速SSD」などに対応します。

DualSenseワイヤレスコントローラーは杖の代わりとして役割を果たします。

アダプティブトリガーでは、基本的な呪文を放つときも、より強力な呪文を放つために力を振り絞るときも、あらゆる呪文を通じて指先に魔法の抵抗力を感じることができます。

ハプティックフィードバックでは、呪文を唱えた際、手のひらに独特な感触を感じられます。こういった機能をコントローラーの右側に集中させることで、コントローラーが杖だと感じられるようになっています。また、「プロテゴ」で呪文を防ぐと、盾のチャームが魔法を反射しながら吸収する際のチリチリとした感覚も味わえます。

ダイナミックライトバーは、ライトバーがプレイヤーが所属する寮の色で点滅します。レイブンクローは青と青銅、グリフィンドールは深紅と金、スリザリンはエメラルド・グリーンと銀、ハッフルパフは黄色と黒です。

イマーシブサウンドは、ヘッドホンを付けずにプレイすると、ヒッポグリフが羽ばたく音や呪文の効果音など、DualSense ワイヤレスコントローラーのスピーカーから臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。

Tempest 3Dオーディオは、プレイヤーを魔法の世界の中心へと導いてくれます。「インセンディオ」の炎から聞こえるパチパチという音、大釜で沸騰する魔法薬の音、そして環境ごとに異なるサウンドスケープ(音の風景)は、まるでその場にいるような感覚を生み出します。

超高速SSDにより、ロード時間の大幅な短縮を実現します。ほうきで景色を楽しみながらの移動であっても、煙突ネットワークを使用したファストトラベルであっても、短い時間でロードすることが可能です。

これら以外では、4K対応、グラフィックモードをビジュアル/パフォーマンスの2つのモードから選択可能、アクティビティーカード/ゲームヘルプ機能にも対応する予定となっています。

Hogwarts Legacy(ホグワーツ・レガシー)は2022年ホリデーシーズンに発売予定です。対応機種はPS5/PS4/PC/Switch/XBOXです。

プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
PS5, PS4, PS3, PS Vita
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
任天堂 / Nintendo Switch、3DS