PS4:コーエー戦国アクション「仁王2」の予約受付が開始!体験版も期間限定配信

0 プレイステーション    

仁王2

コーエーテクモが開発する超高難易度ゲーム「仁王2」の発売日が2020年3月12日に決定、予約受付が開始されました。全世界での累計販売本数が275万を超えた「仁王」の続編となります。

戦国 × 妖怪 × 死にゲー「仁王2」

物語

時は1555年、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の時代。人と妖怪の間に生まれた主人公は、美濃の国で暮らしながら、妖怪退治や傭兵に明け暮れていた。

ある日、主人公は凶暴な妖怪を討ち果たすも、その過程で自身の妖怪としての力も暴走してしまう。そこへ駆けつけ、主人公の暴走を止めたのは“霊石”を売り歩く商人、藤吉郎。二人が戦国時代を”仁王”の如く駆け上がる、「秀吉」の物語の幕開けであった。

「藤吉郎」役に竹中直人、オリジナルキャラクター「無明(むみょう)」役に波瑠を起用。

歴史上の戦国武将が多数登場する骨太な大河ドラマが展開される。

ゲームの特徴

「妖怪化」「妖怪技」

「半妖」である主人公となり、「侍」と「妖怪」の2つの力を使い妖怪が跋扈する戦国乱世で戦っていく。自身が妖怪となるだけでなく、敵の妖怪の技を使うことができるようになる。

行く手を阻む妖怪たち

主人公の前に立ちはだかる強大な妖怪。それぞれの妖怪が持つ特性を把握することが攻略の鍵となる。不気味な姿形で襲いかかる邪悪な妖怪たちとの戦闘は、手応え・達成感共にさらなる高みへ。

充実のキャラクタークリエイト

性別にはじまり、顔の輪郭、加齢表現、色表現など、細かく設定することができる。「おしろい」「お歯黒」「隈取」など、戦国時代ならではの要素に加え、妖怪化した際のカスタマイズも可能だ。

最大3人のマルチプレイ

協力プレイである「常世同行(とこよどうこう)」は、最大3名までのマルチプレイが可能に。さらに非同期の協力プレイとなる「義刃塚(ぎじんづか)」を新たに実装。様々なプレイスタイルで楽しむことができる。

新武器・ハクスラ要素の強化

「手斧」「薙刀鎌」などの新しい武器が追加。前作同様の武器や防具に加え、今作では妖怪技を装備するために必要な「魂代」も重要なハクスラ要素となる。

β体験版が期間限定配信

賊がはびこり妖怪たちが蠢く荒廃した戦国時代を舞台に死闘を繰り広げるダーク戦国アクションRPG『仁王2』の体験版が11月10日まで期間限定で配信できます。期間外ではダウンロードもプレイも不可能になります。

特定のステージをクリアした方には、製品版で使用するダウンロードコンテンツが獲得できる「討魔の証」がプレゼントされます。体験版の感想を公式サイトで実施されるアンケートに記載すると、製品版が改善される可能性があるようです。

ダウンロード:PS Store

製品情報

  • タイトル
    仁王2
  • ジャンル
    ダーク戦国アクションRPG
  • 機種
    PS4
  • 発売日
    2020年3月12日
  • 価格
    通常版 8,580円(税込)
    デラックス版 11,880円(税込)
  • プレイ人数
    1~3人
  • 公式サイト
  • 予約
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。