PS5:部品価格上昇により製造コストが450ドル(約4.9万円)に?ソニー、次世代機の価格設定に苦慮

0 プレイステーション   

プレイステーション5

世界の市場分析などを行うBloombergは、ソニーの次世代ゲーム機となるPS5の製造コストについて報道しています。

PS5の価格設定に苦慮

Bloombergの報道は以下のとおりです。これは公式が発表した情報ではなく、事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたとのこと。

  • ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」の製造コストは、部品価格上昇を受け、450ドル(約4万9000円)前後になる見通し。競合の米マイクロソフトへの対応もあり、販売価格の設定に苦慮している。
  • 2013年に399ドルで発売されたPS4の製造コストは、IHS Markitによって381ドルと算出された。そのため、PS4と同様の粗利益率だと考えると、PS5の小売価格は安くても470ドル(約5万1600円)でなければならない。
  • 従来、発売する年の2月ごろに本体価格を決定し春から量産するが、PS5の場合は同時期に発売されるマイクロソフトの新型機の動向を見極めながら価格を決定する。
  • 新型コロナウイルスはPS5の準備に現時点では影響を与えていない。初年の生産数は大規模なものにはならない見通し。
  • 最大の問題は5G(次世代通信規格)関連でスマートフォンメーカーからの需要が旺盛な記憶媒体のDRAMやNANDフラッシュメモリーの安定的な確保。
  • 複数の関係者によれば、大部分の部品についてはすでに決定しており、冷却装置は1台当たり数ドルと高額だ。通常は1ドル以下だが、高性能の半導体から発せられる熱が問題とならないよう費用をかけた。
  • また仮想現実端末「PSVR」の次世代機もPS5の発売後に販売する見込み。
  • ソニーの広報担当者はコメントを控えるとしている。
Astro ゲーミングヘッドセット A40
Astro ゲーミングヘッドセット A40
PS4対応ゲーミングヘッドセット
PS4用 FPS Freek Vortex
PS4用 FPS Freek Vortex
精確なAIMができると好評のアタッチメント
セール
情報
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。