PS5:Tempest 3Dオーディオはヘッドホンのみ利用可能。テレビには今後対応予定

プレイステーション   

ps5

PS5“Tempest” 3Dオーディオ技術は、PS5発売時点ではヘッドホンでのみ利用できるようです。SIEはこれまで、外部のデバイスなしにテレビで楽しめるとしてきましたが、発売時点では楽しめず、テレビ向けの対応は今後対応されるとのことです。

純正ヘッドセットは3Dオーディオを最大限楽しめる

PS5と同時に発売予定の「PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」は、3Dオーディオを最大限活用できるように設計されているそうです。

本ヘッドセットは、3Dオーディオ向けに最適化されており、洗練されたイヤーパッドとヘッドバンドストラップで、ゲームプレイ時の快適さもアップするとのこと。

そして、2つのノイズキャンセリングマイク、簡単に操作ができるボタン配置、最大12時間までワイヤレスでのプレイを楽しめることにより、深いゲームプレイ体験を提供するとしています。

その他ヘッドホンはPS5に接続して3Dオーディオを体験

既に持っているヘッドホンをPS5本体にUSBで接続するか、DualSense ワイヤレスコントローラーの3.5mmヘッドセットジャックに接続することでも、3Dオーディオを体験できるとのこと。

PS.Blogにはヘッドホンとしか記載されていませんが、ヘッドホン=イヤホンという意味で記載されているのだと思われます。PSVRの3Dオーディオ技術と似ているのでしょう。

その他の情報

PS5開発陣は、今年3月に行なわれた「Road to PS5」のプレゼンテーションでマーク・サーニーがお伝えしたように、テレビに内蔵されたスピーカーで「バーチャルサラウンドサウンド」を実現しようとしています。発売時点では体験できませんが、そのうちシステムアップデートにより体験できるようになる模様。

3Dオーディオ機能は基本的にすべてのゲームで楽しめますが、“Tempest” 3Dオーディオ技術に最適化されている『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』『Marvel’s Spider-Man Remastered』『ASTRO’s PLAYROOM』『グランツーリスモ7』『Returnal(仮称)』『Destruction AllStars』『Demon’s Souls』『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』『リビッツ!ビッグ・アドベンチャー』『Horizon Forbidden West』『バイオハザード ヴィレッジ』などのタイトルは、より深いオーディオ体験を味わえるとのことです。