PS4/PSVR「絶体絶命都市4 Plus」に地図制作会社のゼンリンが協力。3Dモデルを活用

0 プレイステーション     

絶体絶命都市4

PS4/PSVRソフト「絶体絶命都市4 Plus」の公式サイトが更新され、株式会社ゼンリンとのタイアップがアナウンスされました。

「絶体絶命都市4 Plus」×「ゼンリン」 タイアップ

絶体絶命都市4でリアルな街を再現すべく、開発の株式会社グランゼーラは、株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)と協力。ゼンリンの3D都市モデルデータを利用して、ゲーム内に登場する街のグラフィック制作、主に人々がたくさん集まる街の造形に活用するとのことです。

プレイヤーは、巨大地震から数日経過したタイミングで、スクリーンショットのエリアに訪れることになるそうです。ゲームでは、駅前の広場が帰宅難民のための避難所となっています。

本作は、神戸市消防局ともタイアップしており、火災などの災害シーンや救助活動シーンの表現、ゲームに収録される防災マニュアルなどに、実際の災害事例や防火・防災情報などを取り入れることで、よりリアルな表現を目指すとしています。

「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」は、PS4向けソフトとして2018年10月25日に発売予定です。

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。