PUBG:7月アップデートで追加される新武器「Mk14 EBR」の画像が公開!8月3日に配信

0 PUBG    

PUBG

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の7月マンスリーアップデートとして配信される新しい武器が明らかにされました。追加される新武器は長距離向きの「Mk14 EBR」で、8月3日に配信されるとのこと。

新武器「Mk14 EBR」の画像が公開

Mk14

スプリングフィールドM14(バトルライフル)は、アメリカのスプリングフィールド造兵廠が開発した自動小銃である。第二次世界大戦・朝鮮戦争で使われたM1ガーランドを発展させる形で開発され、ベトナム戦争時に投入されたものの、有効射程が長く、長距離射撃に向くため、海兵隊や特殊部隊を中心に狙撃銃などとしてこれを使い続ける部隊もある。

米海軍Mk14 Enhanced Battle Rifle(EBR)は、7.62x51mm NATO弾を使用するM14バトルライフル派生型のマークスマンライフル。2001年にマイク・ロック・ライフル・バレルズ社は、米特殊作戦軍からの要請により、伸縮式銃床(ストック)、望遠照準用レール付きのアルミニウム製シャーシなどのSOPMOD(米特殊作戦軍のアクセサリー・キット)を使用したモデルの開発を開始した。

2003年にロン・スミスとスミス・エンタープライズ社は、M14 EBRの独自バージョン(Mk14 Mod0 type SEI)を試作した。米海兵隊もEBRを検討したが、M14 DMRを更新し独自仕様のM39 EMR(Enhanced Marksman Rifle)(22インチ銃身)を開発することとした(2008年配備)。

  • 種別 :アサルトライフル(バトルライフル)
  • 弾薬 :7.62×51mm NATO弾
  • 装弾数:20発(箱形弾倉)
  • 連射 :毎分700-750発

※上記内容は実在するスプリングフィールドM14の情報であり、PUBGの仕様とは異なる可能性があります。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。