SAOFB:声優募集していた「第3のエピソード」の完成版が公開。声ツイオーディション

0 ソードアート・オンライン      

SAOFB

「SAO フェイタルバレット」では描かれない第3のエピソードとしての完成版映像が公開されたようです。

SAOFB The Third Episode

選択と代償の物語、
「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」
第三のエピソード。

それは、フルダイブ型バーチャルゲームの一つ、《ガンゲイル・オンライン》の世界を舞台に、自分自身が主人公になって戦う「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」をベースに生み出された、映像作品。

ゲームの主人公でもない、キリトでもない、《ガンゲイル・オンライン》の世界で同時並行的にプレイする無数の誰かのうちの一人が、このエピソードの主人公だ。

主人公の「少年」は、現実では冴えない高校生だが、《ガンゲイル・オンライン》の世界では、それなりに名の知れたプレイヤーだ。現実の世界に退屈し、《ガンゲイル・オンライン》の刺激的な生活のほうがむしろ自分の人生のメイン・ステージだと考え始めている。

そのバーチャルの世界で、「少年」は一人の「少女」と出会う。
「少女」は、軍隊式の戦闘ロジックを取り入れた、効率的で現代的なプレイヤーだ。

偶然の出会いから、二人はいつしか、かけがえのない戦友で、相棒同士という関係になっていく。

「少年」はその出会いを、運命の出会いだと思うようになる。
だが、「少女」にとっては、《ガンゲイル・オンライン》はあくまでバーチャルの世界での暇つぶしで、「少年」との絆はバーチャルの世界でだけのこと、と考えていた。

現実世界の日常が忙しい「少女」は、だんだん《ガンゲイル・オンライン》の世界に現れなくなる。「少年」からの呼びかけにも答えず、日々の暮らしを楽しんでいた。

だが、「少女」は、「少年」が自分にとってかけがえのない存在になっていたことに気付く。実際には、会ったこともないのに。本当はどんな顔をしているかもわからないのに。

「少女」は、「少年」を探してもう一度、《ガンゲイル・オンライン》の世界へダイブしていくー

バーチャルの世界で培った絆は、真実の絆なのか。
この普遍的なテーマを、今、世界で注目を浴びるアーティスト、YKBXが短編トレーラー化。新しいエピソードの始まりと広がりを感じさせる、ハイセンスな映像を作り上げた。

ストーリーも構成も、まるで脳内にはじける電気信号のように曖昧で不確実なつながりを見せ、見た人にバーチャル世界の曖昧さを体験させる、ある種のドラッグ・ムービーになっている。「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」の世界からインスピレーションを得た、映像インスタレーションと言えるだろう。

かつ、今作は「バーチャルの世界で出会う人が、現実ではどんな人かわからない」をテーマに、「少女」役をツイッターで公開オーディション。名前を知っている誰かではなく、ほんとうにこの世界のどこかに住んでいる「少女」を選考、ボイスを当ててもらっている。

調べてみると、声ツイオーディションの最終選考には、937件の応募からRT数上位3アカウントとプロデューサー推薦者の4名が進んだようです。その4名の声が公式サイトに公開され、Twitterでアンケートを実施。

概要を知らない人が結果を見るためにAを選択したり、推し間違えでAを選択した人がいたらしく、圧倒的にAが人気になっています。ですが、Aの方は何故か除外され、Bの方「HOИOKAさん(@EQGTRF02KILIq0S)」が少女役に決定しています。

Bの方はRTが0だったこともあり、いろいろと不満を持っている人が多いようです。

楽天ブックス: 楽天イーグルス感謝祭 最大80%オフ&クーポン配布 [10/19 23時までポイント+2倍]
楽天市場: 楽天イーグルス感謝祭 ポイント最大43倍

おすすめページ SAOFB 攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。