SteamでJR東日本トレインシミュレータが9月発売!実写の鉄道運転シム

JR東日本

JR東日本は、Steamで「JR東日本トレインシミュレータ」を9月20日に早期アクセスゲームとして発売するとアナウンスしています。実写の映像で楽しめる鉄道運転シミュレーターです。

JR東日本トレインシミュレータ

鉄道会社公式の本格的な運転シミュレーター「JR東日本トレインシミュレータ」が登場します。本作は、JR東日本の実在の路線を舞台に、実写の映像と臨場感あふれる走行音を自宅で体験できる鉄道運転シミュレーターです。

Steamで9月20日に早期アクセスゲームとして発売予定。早期アクセスの期間は1~3ヶ月を予定しているとのこと。早期アクセスは価格980円ですが、正式リリース後は価格が上がる予定です。

シミュレーション

ゲームの特徴

  • 鉄道運転シミュレータで豊富な実績のある音楽館JR東日本がタッグを組んでお届け。実際にJR東日本の運転士が訓練で使用している業務用シミュレータをご家庭で体験いただけます。
  • JR東日本の路線を実写で撮影し高精細映像で楽しめます。運転士と同じ目線で運転をすることができます。
  • シミュレータで発せられる車両や線路からの音は、JR東日本で実際の車両を用いて収録したものを使用しており、運転士が運転しても違和感のない、リアルな走行音を体感できます。
  • 計器パネルには速度計などが実際の車両と同じように表示され、運転操作や速度などに応じて忠実に動作します。音声や計器パネルの表示は、体験する車両の形式が変わるとその車両のものに切り替わります。

早期アクセス版の内容

  • 八高線(キハ110系) 上り 高崎~群馬藤岡間(約14分 11.7km)
  • 京浜東北線(E233系1000番台) 南行 大宮~南浦和間(約12分 7.8km)

正式版の内容(予定)

  • 運転できる路線の変更
  • DLCをご購入いただくことでより長距離の区間を運転することが可能
  • 外部コントローラ対応
  • システムの改善・変更

システム要件

最低スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel 第6世代 4コア以上 or AMD Ryzen 第1世代4コア以上
メモリ 16 GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX 10シリーズ(VRAM 2GB以上)

推奨スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i5-6500 or AMD Ryzen 5 1400
メモリ 16 GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1060
ゲーミングマウス Logicool GPRO
ゲーミングマウス Logicool GPRO
コアゲーマーが使う高性能マウス
Logicool G ゲーミングマウスパッド G240t
Logicool G ゲーミングマウスパッド G240t
汚れたマウスパッドはAIMに影響!