Apex Legends:シーズン4の各キャラクター ヒットボックス(当たり判定)の大きさ比較

0 Apex Legends      

エイペックス

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)でプレイできる12人のキャラクターに設定されているヒットボックス(当たり判定)の大きさを比較する画像を海外ユーザーが作成していたので紹介します。

Apex キャラクターのヒットボックス

レジェンド 上半身 全身属性
1ワットソン48111小柄
2ライフライン53110小柄
3レイス5996小柄
4バンガロール59106
5パスファインダー66108小柄
6クリプト68112
7ブラッドハウンド70124
8オクタン75120
9ミラージュ79141
10コースティック87150鉄壁
11レヴナント99147
12ジブラルタル114203鉄壁
単位は1000ピクセル

立った状態での上半身のヒットボックスは、ワットソンが一番小さいようです。バンガロールのヒットボックスも結構小さく、小柄ではないため、ダメージは受けにくいキャラとなっています。

ダッシュ中のレイスは体勢を低くするため、ヒットボックスは少し小さくなります。ジブラルタルは、ガンシールドを展開している時はヒットボックスを小さくできますが、展開していない時、横や後ろから撃たれている時は一番当てやすいキャラです。

オクタンは見た目よりもヒットボックスが大きい模様。コースティックも大きいですが、ガスの中では優位に立てます。レヴナントは頭も肩も大きいので、アルティメットを発動している時以外は不利だと思われます。鉄壁でもないです。

  • 小柄
    ヒットボックスが小さいため被弾しづらいが、被ダメージが5%上昇する。また、手足に攻撃が命中すると、ボディショット同様のダメージを受ける。
  • 鉄壁
    被ダメージを15%軽減する。また、被弾による速度低下を受けない。
PS4用 FPS Freek Vortex
PS4用 FPS Freek Vortex
精確なAIMができると好評のアタッチメント
ゲーミングマウス ロジクール G403h
ゲーミングマウス ロジクール G403h
ゲーマーが使う定番マウス

おすすめページ Apex Legends 攻略・データ記事一覧

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。