Apex Legends:シーズン14キングスキャニオン変更内容!エリア拡張/アイテム調整も

エイペックス

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の公式サイトが更新され、シーズン14「Hunted(ハンテッド)」でアップデートされるマップの詳細が明らかにされています。

シーズン14のキングスキャニオン変更内容

新エリア:レリック

サルベージが削除され、新エリア「レリック」が追加されます。ガントレットとレリック間も地面で繋がっているため、マップ左下が少し拡張されることになります。

新マップ

シーズン5でローバによる大規模な爆発により、スカルタウンとサンダードームが沈没。サルベージ作戦が完了した今、シンジケートはApexゲームのエリアを再建したというストーリー設定。

ケージの変更

防衛で有利だったケージ上部が変更されます。開放的になったため、このエリアへの侵入や退避が容易になり、ここでの戦闘をすぐに終わらせることができるでしょう。

アペックス

山腹ポイントの変更

ケージと同じく、収容所付近の山腹のポイントも複数の部隊による長時間の戦闘が行われることが多々ありました。長時間の戦闘を抑えるために、内部空間を持たずに一から再構築されました。

エペ

ブロークンリレーの拡張

過去に存在していた建物がブロークンリレーに復活しました。

キンキャニ

岩山の変更

マップ中央に位置する大きな岩山。デストロイド・ブリッジ・リバーセンター・山腹に繋がっているルートです。リバーセンターと山腹に第三者が多くなる一因になっていると考え、デストロイド・ブリッジのルートが削除されました。

アップデート

また、マーケット近くの岩山にも変更が加えられています。奥にある小さな洞窟の接続部分を見やすい場所に移動し、幅も大きく広げました。

アプデ

さらに、ケージ近くの岩山も拡張されました。

ルート

アイテムの更新

アイテムの格差

主要なポイントとの間の大きなアイテムの格差に対処するため、多数のポイントにわたってアイテムの配分のバランスを調整しました。クラッシュサイトとスポテッドレイクは格下げされ、ランオフ、ハイドロダム、沼地、ガントレットなど、古いポイントにはいくつか必要な改良が施されています。

アイテムのクオリティ

キングスキャニオン全体でアイテムのレアリティゾーンに大幅な変更を行いました。ミディアムやレアの戦利品を獲得するのに十分だと思ったポイントの多くには、単にそのためのタグが付けられていませんでした。このバージョンのキングスキャニオンでは、アイテムのクオリティがより直感的に感じられるようになったはずです。

アイテムの量

キングスキャニオンの総アイテム数は他のマップと比べるとかなり少なかったです。最も大きな問題は、オリジナル版の建物で、その後のアップデートで登場した建物よりも、全体的にアイテムの量が少ないことです。その対策を施した結果、スポーンするアイテムの総量は、ほぼオリンパスと同等になりました。

スカイボックスと照明

キングスキャニオンの照明とスカイボックスが「ハンテッド」で大幅にアップグレードされます。このリニューアルにより、没入感に満ちた活気あふれる環境が生み出され、キングスキャニオンはかつてないほど美しく生まれ変わったといえます。

明るさ

その他

  • デストロイドブリッジとリバーセンター間のローテーションに便利な、高めの通路を追加しました。
  • レジェンドがリパルサーの壁にアクセスできるように、2つの階段と2つのジップラインを追加。
  • 移動不能なレジェンドが砲台の壁にアクセスできるように、縦にジップラインを1本追加。
  • プレイヤーが沼沢の通路にアクセスできるように、2つの垂直ジップラインを追加。
  • 沼沢に新たな起爆ホールドを追加。
  • 表示を改善するために、フォレストの木を多数削除。
  • キャパシターの3つのチャージタワーのうち2つを削除。
  • ローテーションが遅くなることで効果期待できるエリアのジャンプタワーを5つ削除。
  • 多くのバグと悪いエンドサークルを修正。
プレイステーション ストアチケット 3,000円
プレイステーション ストアチケット 3,000円
オンラインコード
プレイステーション ストアチケット 10,000円
プレイステーション ストアチケット 10,000円
オンラインコード

おすすめページ Apex Legends 攻略・データ記事一覧