Apex Legends シーズン13/12のランク分布公開!シーズン14の変更点も

エイペックス

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の公式サイトが更新され、久々にランクマッチのランク分布が公開されました。また、シーズン14のランクマッチ変更点も明らかにされています。

シーズン13のランクマッチ ランク分布

公式はシーズン8までのランク分布しか公開していませんでしたが、今回シーズン13のランク分布が公開されました。

ランクマッチはシーズン13で仕様変更が実施され、シーズン12よりも高ティアに到達したプレイヤーが少なかったようです。

スプリット1のランク分布

対象はランクマッチを10時間以上プレイしたプレイヤー(括弧内はシーズン12のスプリット1の数値):

  • 10.80% ブロンズ (0%)
  • 28.78% シルバー (3.78%)
  • 44.45% ゴールド (25.12%)
  • 14.60% プラチナ (39.52%)
  • 1.25% ダイアモンド (26.63%)
  • 0.10% マスター&プレデター (4.95%)

スプリット2のランク分布

対象は2022年8月2日時点でランクマッチを10時間以上プレイしたプレイヤー(括弧内はシーズン12のスプリット2の数値)

  • 2.22% ブロンズ (0.01%)
  • 15.22% シルバー (4.28%)
  • 41.50% ゴールド (25.48%)
  • 32.57% プラチナ (42.80%)
  • 8.05% ダイアモンド (23.56%)
  • 0.45% マスター&プレデター (3.87%)

シーズン14のランクマッチ変更点

  • エントリーコスト:全てに+5
  • キルRP:撃破時の逓減を削除
  • ランクリセット:4から6ディビジョンに戻した
Funko Pop! Games - Pathfinder
Funko Pop! Games - Pathfinder
フィギュア
ねんどろいど ワットソン
ねんどろいど ワットソン
可動フィギュア

おすすめページ Apex Legends 攻略・データ記事一覧