【Destiny2】PC版ベータでプレイできる内容が公開!チート対策でキャプチャーソフトの一部機能は使用不可

0 Destiny2   

デスティニー2

今週のBungieにて、PC版Destiny2 オープンベータの詳細がアナウンスされました。チート対策のため、キャプチャーソフトなどのゲーム画面に影響する外部ソフト機能が使えないようです。

PC版オープンベータ

日程

  • 早期アクセス者:8月28日~8月31日 (北米時間)
  • オープンベータ:8月29日~8月31日 (北米時間)

ベータの目的

  • Destiny 2の機能性を新しいプラットフォームでテストする。
  • PCプレイヤーにDestiny 2を初体験してもらう。
  • ゲームの完全版も楽しんでもらえるように、お楽しみはとっておく。

ベータでプレイできる内容

  • ストーリーミッション「帰郷」
  • ストライク「反転したスパイア」
  • マップ「市街地」で新モード「カウントダウン」
  • 新マップ「ジャベリン4」でモード「コントロール」

PC版ベータでは、コンソール版のフィードバックを反映しているとのこと。パワーウェポン弾やスーパースキルの入手、使用頻度に関する小規模な調整実施されているようです。

PC版のチート対策について

不正行為を防ぐための対策方法が少し説明されています。チートプログラムはゲームクライアントにコードを挿入して実行するため、ゲームコードが挿入されるような全ての外部ソフトが制限されるとのことです。

配信ソフト・キャプチャー

アプリケーションのゲームキャプチャーモード(OBS、XSplitなど)には対応していません。以下の方法であれば、Destiny 2のPC版で動画をキャプチャーすることができます。 Dxtory、Razer Cortex、Frapsなどの他の録画アプリケーションにも、同様の制限があります。

  • フルスクリーンでプレイ中にキャプチャーする方法:
    • Elgato、AVerMedia、またはストリーミング用PCなどの方法でハードウェアキャプチャーすることは可能です。
    • NVIDIA ShadowplayとAMD ReLiveに対応しています。
  • ウィンドウモードでプレイ中にキャプチャーする方法(ボーダレス フルスクリーンも含む):
    • OBS、XSplit: スクリーンキャプチャーモードに対応しています。
    • OBS、XSplit: ウィンドウキャプチャーモードに対応しています。

オーバーレイ

サードパーティ製ソフトの一部機能は、ゲーム画面にオーバーレイ表示するものがあります。そのような機能は利用できなくなっています。(例えば、VCの会話中ユーザー表示やハードウェア監視ソフトのFPS表示です。)

  • ボイスチャット
    • DiscordまたはMumbleなどから提供されている「Who's talking」と視覚通知機能は、Destiny 2と互換性がありません。通知機能は、サードパーティのアプリケーションを通して依然提供されている可能性があります。
  • ハードウェアのモニタリング
    • EVGA Precision XOC、MSi Afterburner、Frapsなどから提供されているフレームレートや統計オーバーレイは、Destiny 2と互換性がありません。

その他

Destiny 2のPC版のクライアントに繰り返しコードを挿入しようとするサードパーティのアプリケーションは、ゲームプレイに影響を引き起こす可能性があります。そのような場合は、Destiny 2にコードを挿入しようとしているサードパーティのアプリケーション機能を無効にするか、アプリケーションを完全終了させる必要があります。

おすすめページ Destiny2 攻略データベース

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。