BenQ、4K HDR ゲーミングプロジェクターを4月発売!PS5/PS4/PC/BDなどに

プロジェクター

ベンキュージャパン株式会社は、日本初の4K UHD解像度となるDLPゲーミングプロジェクター「TK700STi」を4月10日より発売するとアナウンスしています。Amazon楽天市場で予約受付中です。

4K HDR ゲーミングプロジェクター

ゲーミングプロジェクター

4Kプロジェクター部門で3年連続日本トップのシェアを誇っているBenQから、4K UHD(3840x2160)のゲーミングプロジェクターが発売されます。価格はオープンで、市場想定価格は約22万円となっています。

応答速度は、4K 60Hz動作時に16.7ms、1080p240Hz動作時に約4.2msの低入力遅延を実現しているため、スムーズでシームレスなゲームプレイを可能としています。

ゲーミング

また、FPS/スポーツ/RPGの3つのゲームモードを搭載。各ゲームのジャンルにおける最適なビジュアル/オーディオでプレイすることが可能。例えばFPSモードでは、他のモードよりも細部のディテールが劇的に強化され、暗闇のシーンでも隠れた手がかりや影に潜む敵を簡単に見つけることができます。

本製品には、HDMI 2.0b端子が2つ搭載されているため、PC/PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series Xなどのゲーム機や、ブルーレイレコーダーとの接続も可能です。

HDMI

さらに、Android TV 9.0が搭載されており、Google Play ストアの5,000以上の豊富なライブラリから、4Kの映像美で気軽にエンターテインメントを楽しむこともできます。

その他の特徴としては、「約2mの距離から100インチ以上の4K映像を簡単に投写できる短焦点設計」「立体感のあるクリアなサウンドを提供するCinemaMaster Audio+2技術の5Wスピーカー」「高輝度 3000ルーメン」「Rec.709カバー率96%」「HDR10/HLG対応」「フルHD 3D対応(3Dグラス別売)」といった感じです。

製品スペック

  • 筐体色
    パールホワイト
  • 解像度
    4K UHD(3840 x 2160)
  • 輝度
    3000ルーメン
  • 外形寸法
    312 x 110 x 246mm(W x H x D/本体のみ)
  • 質量
    約3.1kg(本体のみ)
  • ズーム 
    光学1.2倍
  • 運転音 
    35 / 29dBA(標準 / エコ)
  • 画像入力端子
    HDMI端子 x 2(HDMI 2.0)、
    *内1つはeARCをサポート
    HDMI x 1(Android TV ドングル専用端子)
  • 音声出力端子
    オーディオミニジャック(3.5mm) x 1
  • 画面サイズ 
    60~200インチ
  • 投写距離
    1mで約50インチ、1.5mで約75インチ、2mで約100インチ
  • 入力対応解像度 
    VGA(640 x 480)~4K UHD(3840 x 2160)
  • スピーカー 
    CinemaMasterAudio+2 技術搭載 5W x 1
  • 走査周波数
    水平15~135(kHz) / 垂直23~120(Hz)
  • 家庭用ゲーム機対応
    PS5、PS4 Pro、PS4、 Nintendo Switch、Xbox Series S、 Xbox One X、Xbox One S
    ※最大4k60HzまたはFHD120Hzまで
    ※最大入力解像度およびリフレッシュレートはゲーム機およびソフトによって異なります。
  • 入力遅延
    (高速モードON時)
    4K  :16.67ms(60Hz動作時)
    1080p:16.67ms(60Hz動作時)
    1080p:8.33ms(120Hz動作時)
    1080p:4.16ms(240Hz動作時)*
    *240Hz動作はPCとの接続時のみ対応
  • 付属品
    クイックスタートガイド、電源ケーブル(約3m)、 リモコン、保証書、 Android TV ドングル(型番:QS01)、 バッテリー(単4 x 2)
  • 予約

個人差はあると思いますが、液晶モニターよりもプロジェクターの方が目が疲れなかったりもします。

おすすめゲーミングヘッドセット一覧
おすすめゲーミングヘッドセット一覧
PC/PS5/PS4の人気ヘッドセット
GTRACING ゲーミングチェア
GTRACING ゲーミングチェア
お手頃なゲーミングチェア(青/赤/黒/他)