グリー、ゲーセンに子供向けVRゲーム3機種を投入。全国のイオン200店舗に

0 ゲーマーが気になる情報 

子ども

株式会社イオンファンタジーとグリー株式会社は、世界初のアミューズメント施設専用子ども向けVRゲーム3機種を開発、2018年春以降に日本のモーリーファンタジー200店舗で展開することをアナウンスしました。

現在販売されているVRヘッドセットの多くは、子供の目の発達に影響を与える可能性があるとしており、対象年齢を12歳以上や13歳以上に指定しています。

今回イオンファンタジーとグリーは、子供でもVRを体験できる単眼HMD「VRメット」を独自に開発。複眼HMDの没入感はそのままに、ミラーを利用した機構でモニターと目の距離を確保し、従来の単眼HMDよりも目が疲れにくい構造になっているとのこと。

開発したVRゲームは、「VRぶっとび!バズーカ」「VRどっかん!ブロック」「VRびっくり!スライダー」の3つで、筐体に直接コインを投入してプレイする都度課金を導入し、1プレイ数百円での利用を目指しているようです。

VRぶっとび!バズーカ バズーカ

コメント 0 件