オーバーウォッチ:新たに導入された拠点取得率追跡システムとルシオの範囲表示の詳細

0 オーバーウォッチ    

overwatch

オーバーウォッチPTRのアップデート1.10.0で導入されたアサルトマップの引き分けを減らすシステムとルシオの適用範囲表示について開発者が公式フォーラムにて説明しています。

拠点取得率追跡システムについて

PTRではキャプチャー目標があるマップの勝利条件をテストしています。これには、アサルトマップやハイブリッドマップの最初のポイントが含まれます。新たに導入したシステムにより、敵チームよりも多くの目標を完全に取得する必要がなくなりました。両チームが最後に取得しようとしていた目標に対する各チームの最大キャプチャー取得率を比較するようになっています。

これは、33%毎の進行点ではなく、0~100%で完全に細かく追跡します。3つの進行点は今ままでと同じように機能するため、50%まで取得しても、最小の33%まで減少します。最大キャプチャー取得率はオレンジ色の三角形で表示されます。

ライバルプレイ

例1:
Aチームは完全に2拠点を取得。
Bチームは完全に1拠点しか取得できなかった。
結果 → スコア2-1になり、A勝利 (今までと変更なし)

例2:
Aチームは1拠点取得、2拠点目は73%まで進行させた
Bチームは1拠点取得、2拠点目は74%まで進行させた
結果 → スコア1-2になり、B勝利

例3:
Aチームは1拠点目で1%も進行させることができなかった
Bチームは1拠点目で1%も進行させることができなかった
結果 → スコア0-0の引き分け

例4:
Aチームは完全に2拠点を取得し、残り時間3分
Bチームは完全に2拠点を取得し、残り時間なし
次のラウンドでAチームは残り3分で1%でも進行させればAの勝利

これらの例はアサルトマップですが、このシステムはハイブリッドマップの最初の目標にも影響します。ペイロードを少しでも押した方がいいように、拠点の取得率を少しでも進行させたほうがいいようになります。

ルシオの範囲表示について

現在表示されているビジュアルエフェクトは一時的なもので適用範囲を確認することができます。将来のパッチで永久的に利用できるより美しいビジュアルインジケータを実装することを目指しており、有効/無効を切り替えるオプションとなる可能性があります。

また、この表示についてどのように感じるのかフィードバックも欲しいです。迷惑に感じるのか?常に表示されている範囲は目障りなのか?近づいたときのみ表示したほうがいいのか?など

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。