オーバーウォッチ:バスティオンの調整内容が判明。生存性を高めて次のPTRで適用へ

0 オーバーウォッチ     

overwatch

オーバーウォッチ公式フォーラムにてデザイナーのGeoff Goodman氏がバスティオンの調整内容を掲載しました。次のPTRで適用される可能性のある変更点が明らかになっています。

  • 偵察モード:弾の拡散値を下げ、マガジンサイズを増加させます。偵察モードで生存性を高めます。
  • セントリーモード:開発はセントリーモードをより多くのタンクキル、バリア破壊をできるように調整して、捨て身でセントリーモードを使用するという行為を変えようとしています。そのため、拡散値の上昇やヘッドショットを削除し、変形中のダメージ減少などのテストを行っています。
  • 自己修復:いくつかの大きな変更をテストしてきた。現在の内部ビルドでは移動中に自己修復を使用することができ、ダメージを受けても中断されなくなっています。このバランスを取るためにD.VAのディフェンス・マトリックスのようなリソースシステムを導入している。これらの変更によりあまり使用されないツールから、生存性を高めるための強力なツールに変わりました。

開発はまだバスティオンをテストして調整中ですが、コミュニティが早く試せるように、近日PTRに適用される可能性があるとのこと。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。