オーバーウォッチ:トールビョーンの妻への手紙(日本語版)が公開!ハルトが娘の名付け親に

0 オーバーウォッチ     

overwatch

トールビョーンがオムニック勢力の急襲で重症を負い、ラインハルトに助けられたとう報告書が2月23日に公開されましたが、その物語続きがスクエニより日本語翻訳版が公開されました。

トールビョーンから妻に宛てた手紙

オムニック勢力との戦いの後、トールビョーンは妻イングリッド宛に、怪我の状態や義手を作ること、ラインハルトが娘の名前を付けたがっていることなどを知らせる手紙を送っていたようです。

愛しきイングリッドへ

きっともうワシのケガのことが耳に入っちょるだろう。だが、実際はそんな大したケガじゃないから安心してくれ。医者の連中も大丈夫だと言っちょったし、なんとアンジェラまで診にきてくれたからの!なくなった腕に関しては、ワシ自ら義手を作る。

完成したら誰も気づかんくらい立派なものになるだろう。とはいえアンジェラが研究しちょる細胞再生技術が実現していたら義手自体いらんからの...さっさと仕事しろと伝えておいたわい!

さて、まだ陣痛は始まってないようじゃな。生まれるときは傍にいられるよう、ワシもヨーテボリに帰るつもりだ。もう少し待っててくれ!

あと、ラインハルトがワシの命を救ったと聞いたかもしれんの... ワシ自身もいろんな奴らから聞いたが、まだ信じられんわい。あいつのことじゃから、きっと話を盛っておるに違いない。さらに、その「勇敢な行為」を評して勲章までもらったようだ。本当、大げさなデカブツじゃ。

ただでさえうっとうしい奴だが、あいつは最近娘の名前をつけさせろとうるさくてな...少し黙ってるならつけさせてやると冗談で言ったら、本気にしてしまっての...まあ、本音を言うと、奴を名付け親にしようと前から考えてはいたんだが...お前に相談せずに決めてしまい、申し訳ない。せめて、娘があいつに似ないことを願おう。

あと、名前を考えるのはあいつじゃが、決めるのはお前ということになっちょるから、あとはあいつのセンス次第ということになるかの(センスがあるとは思えんが...あいつの武勇伝に出てくる人物の名前もひどいものばっかりじゃ)

そろそろ病院も飽きてきた。早く家に帰ってお前の顔を見たい。

トールビョーンより

トールビョーンの娘は、「Brigitte Lindholm (ブリジット・リンドホルム)」という名前でラインハルトの短編アニメーション「Honor and Glory」やコミック「ドラゴンスレイヤー」などに登場しています。

新ヒーロー

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。