オーバーウォッチ:新シンメトラのテレポーターで通過できるアビリティを検証

0 オーバーウォッチ     

overwatch

本日PTRで通常アビリティに変更された新シンメトラのテレポーターを検証する動画を海外ユーザーが投稿しているので紹介します。

テレポーターで通過できるアビリティ検証

  • D.Vaの自爆メックは通る
  • オリーサのシールドは通らない
  • オリーサのストップは通らない
  • ラインハルトのチャージは通る
  • ラインハルトのファイア・ストライクは通らない
  • ロードホッグのフックは通らない
  • ザリアのグラビトンサージは通らない
  • ドゥームフィストのロケット・パンチは通る
  • ゲンジの風斬りは通る
  • ジャンクラットのRIPタイヤは通る
  • ジャンクラットの地雷は通る
  • マクリーのフラッシュバンは通らない
  • メイのULTは通らない
  • ソンブラのビーコンは通らない
  • トールビョーンのアーマーパックは通らない
  • トールビョーンのタレットは通る
  • アナのグレネードは通らない
  • モイラのオーブは通らない

基本的に、キャラクター本体はアビリティ発動中でもテレポート可能のようです。弾丸や発射体、小さな装置などはテレポート不可能。D.Vaの自爆メックやトールビョーンのタレットなどの大きな装置はテレポートできます。(キャラクターがテレポートするときはキー入力が必要です。)

マクリーは、テレポートに入る前にULTを発動させて敵に声を聞かせ、テレポートしてロックオンするといった事ができそうです。ロードホッグ、ソルジャーなどはULT発動中にテレポートを出たり入ったりすることで2方向から敵に攻撃できます。

敵ザリアのグラビトンサージに囚われても、テレポートを使って脱出が可能。ですが、テレポートを展開するのは少し時間がかかるので、それまでにキルされる可能性もあります。

バスティオンはセントリーモード中でもテレポートできます。入口でセントリーモードになってテレポート、テレポート後に攻撃して、テレポートが消滅する前に戻るといったこともできるようです。

トールビョーンのタレットは近くに置くと勝手にテレポートされます。そのため、トールビョーンは出口でタレットをレベル2に建設する必要があります。レベル2に建設したタレットの近くにテレポートを後から置けば、シンメトラの判断で爺タレットの移動が可能なようです。

味方と連携できれば、新たな戦略が生まれるテレポートとなったようです。

コメント 0 件