オーバーウォッチ:アップデート1.51.1Dが配信!バランス調整の実験モード (PC/PS4/SWITCH)

0 オーバーウォッチ     

overwatch

オーバーウォッチのマイナーアップデートとなる最新パッチがPC/PS4/Nintendo Switch向けに配信され、パッチノートが公開されています。

今回のアプデは、クライアントは更新されず、パッチはバックグラウンドで適用。ヒーローバランス調整をテストする実験モードが開始されています。

OW 更新内容 1.51.1D [9月5日]

エクスペリメンタル(実験モード)

バランス調整をテストする実験モードが開始されました。今回のロールキューは2-2-2です。以下の変更は実験モードにのみに影響します。

一般

  • ショットガンパターンはランダムなローテーションを適用しなくなる。これは以下のヒーローに影響する。
    • アッシュ
    • ドゥームフィスト
    • D.Va
    • リーパー
    • ロードホッグ
    • トールビョーン

開発者コメント:ショットガンのパターンを使用する武器から、各ショットに適用されるランダムなローテーションを取り除くことでより信頼性を高めました。個々の弾の発射角度にわずかな相違を残すことで散弾ならではの感触は維持しつつも、今回の変更で大幅に狙いを合わせやすくなります。

ロードホッグ

  • スクラップ・ガン
    • 1弾のダメージを7から6に減少(1ショットで合計150ダメージ)

開発者コメント:ショットガンの変更に伴い、ロードホッグの「チェイン・フック」のコンボは信頼性を保ちながらも、よりライフの多いヒーローに対して強力になり過ぎないようバランスを取りたいと考えています。

トールビョーン

  • サブ攻撃
    • リカバリー時間を0.6秒から0.8秒に延長
    • 1弾のダメージを10.5から12.5に増加(1ショットで合計125ダメージ)

開発者コメント:トールビョーンのサブ攻撃が近距離戦でより重要な役割を果たせるようにするため、今回の変更を加えます。武器としての爆発力を増すことで、ショットの1発1発がより存在感を放つことを期待しています。この変更を上手く機能させるため、1秒あたりのダメージも抑えています。

ジ・アート・オブ・オーバーウォッチ (日本語版)
ジ・アート・オブ・オーバーウォッチ (日本語版)
2018年5月発売 / 書籍
ねんどろいど リーパー クラシックスキン
ねんどろいど リーパー クラシックスキン
2020年5月発売 / フィギュア
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。