オーバーウォッチ2:進化したマップデザインが紹介!遮蔽物の増加/視認性の変化など

overwatch2

公式サイトが更新され、オーバーウォッチ2マップデザインについて語られています。ゲームプレイに複雑さと深みをもたらすものになるようです。

「オーバーウォッチ2」のマップデザイン

  • 「オーバーウォッチ 2」の幅広い変化に対応するため、多くのマップに変更が加えられます。
  • タンクが1人少なくなったことを補うために、既存のマップに盾となる遮蔽物を追加しました。
  • 昼と夜のサイクルが新たに加わり、マップ内の場所によって視認性が変化します。
  • こうしたデザインの哲学やアイデアは、4月27日から開始予定のベータテストに登場する4つの新たなPvPマップ、トロントのNEW QUEEN STREET、ローマのCOLOSSEO、ニューヨークのMIDTOWN、そしてモンテカルロのCIRCUIT ROYALにも反映されています!

新マップ オーバーウォッチ

  • NEW QUEEN STREETCOLOSSEOは、「オーバーウォッチ 2」の新たなゲーム・モード「プッシュ」で初めて使用されるマップです。
  • プレイヤーは対称形のマップの両端で試合を開始し、中央にあるロボットを制御して、敵チームの側の端まで前進させます。
  • ゲームディレクターのアーロン・ケラーは「これらのマップのデザインは、プッシュというゲーム・モードとぴったり噛み合っていなければなりませんでした。コントロールやエスコートといった従来のモードと比べ、本質的にテンポが速いからです」「抜け穴が多いので、奇襲しやすく、同時に複数の場所に注意する必要があります」と語ります。
  • プッシュ・モードのマップは対称形なので、反対側のマップと区別するためにさまざまなデザイン要素が加えられています。「マップの半分を寒色系に、反対側を暖色系にするなど、微妙な変化をつけたいと考えました。看板や店構え、景観がそれぞれの側で個性的であることがひと目で分かるでしょう」

オーバーウォッチ2

  • この開発方針は他のゲーム・モードでも共通で、エスコートの新マップCIRCUIT ROYALやハイブリッドの新マップMIDTOWNでも、環境デザインでプレイヤーを視覚的に誘導することを目指しました。
  • 「確保するべき目標が際立つように、MIDTOWNの消防署とグランド・セントラル駅という有名スポットを選びました。マップのどの部分が重要なのか視覚的に伝わり、マップのデザインそのものがゲームの流れを導きます」
  • 重要地点のひとつであるCIRCUIT ROYALの上り坂のジグザグ道路では、チームと協力してゲーム内のパワーバランスをひっくり返すことが求められます。「ジグザグ道路は緊張が高まり集団戦が起こりやすいという意味で、チョーク・ポイントに似ています」「単独での突破は難しいですが、団結したチームなら切り抜けることができるでしょう」

オーバーウォッチ2 overwatch

  • 「プレイヤーには、それぞれの都市が黄金時代を迎えている未来にタイムスリップしたような感覚を味わってもらいたいと思いました」「それぞれのマップで、街の建築、文化、展望から“最高の瞬間”を切り取り、それをデザインに反映させるように努めています」
  • NEW QUEEN STREETは雪と美しい真っ赤なカエデの葉でクールな印象を受けますが、実際のトロントは多文化主義の歴史を象徴するような温かみのある側面も持ち合わせています。
  • CIRCUIT ROYALを手がけたアートチームは、モンテカルロの絢爛豪華な建築物や世界に名だたる著名レースの華々しさを思いのままに表現しました!この街には超富裕層が遊びに訪れ、AIが競い合うレース観戦を楽しみます。
  • ローマのCOLOSSEOのテーマはルネサンスと古代ローマの剣闘士。
  • ニューヨークのMIDTOWNにはアール・デコ・スタイルからインスピレーションを受けた超高層ビルが立ち並びます。

画像 ロケーション

The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
アートブック第2弾
オーバーウォッチ ねんどろいど フィギュア
オーバーウォッチ ねんどろいど フィギュア
全15種