PS4「Ghost of Tsushima」の序盤1時間をプレイした感想とプレイ動画。購入前の参考に (ゴースト オブ ツシマ)

Ghost of Tsushima

2020年7月17日に発売されたPS4の侍アクションアドベンチャーゲーム「Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)」の序盤をプレイしたので思ったことを記載しています。購入前の参考にどうぞ。

※当ページはネタバレが含まれますのでご注意ください。

Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

キャラクター

境井仁

仁
プレイヤーが操作する本作の主人公。誇り高き侍として鍛錬を積んできた仁は、故郷を守るために邪道な戦い方に手を染め、冥府から蘇った「冥人」として恐れられていく。侍の道を外れることを選んだ仁は、危険に満ちた旅路でどんな仲間と出会い、そして何を失うのか―――。

志村

志村
仁の伯父であり、対馬の広大な地域を統治する地頭(じとう)。仁の父代わりとして、名誉を重んじる武士となるように仁を育ててきた志村は、冥人となって侍の道を外れていく仁に懸念を募らせていく。

コトゥン・ハーン

コトゥン
対馬に侵攻したモンゴル軍を率いる大将。冷酷にして智略に長け、手段を選ぶことなく対馬の武士団を壊滅させようとする最強の敵として仁の前に立ち塞がる。

ストーリー

文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国(大元)は東方世界の征服をもくろみ、立ちふさがるすべての国を蹂躙していた。

東の果て、日本に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智将、コトゥン・ハーン。ハーンは、侵攻の足掛かりとして対馬に上陸する。

これを防ぐべく集結した対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅。島はたちまち侵略の炎に包まれる。だが、かろうじて生き延びた一人の武士がいた。

境井 仁(さかい じん)。

仁は、境井家の最後の生き残りとして、たとえ侍の道に反した戦い方に手を染めることになっても対馬の民を守ろうと決意する。冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、あらゆる手段を使って故郷を敵の手から取り戻すのだ。

序盤をプレイした感想とか

難易度は「易しい」「普通」「難しい」から選択できます。後からでも設定から変更可能。ゲーム内に用意されている設定は基本的なものが多いですが、PS4 Proならパフォーマンス設定として「高フレームレート」か「高解像度」を選択できます。

ゲームを始めると時代劇映画に入り込んだようなムービーと演出でゲームが進行していきます。自分は時代劇映画を見たことはありませんが、時代劇映画が好きな開発者が作っただけのことはある出来だと感じました。

レビュー

刀での戦闘は簡単です。L1でガード、相手の攻撃に合わせてL1で受け流し、△で強攻撃、△長押しで突き、□で弱攻撃、○で回避です。Sekiroほどの読み合いはなく、L1や○で回避しながらの攻撃連打が結構通用しますので、テンポよく敵を倒していけます。敵は複数人でかかってくることが多く、それをサクサクと倒せるのでSekiroとは別の気持ちよさがあります。

ゲームを進めていけば、スキルを取得したり、ステルスキルしたり、弓なども使えるようになるようです。Sekiroに似ているシステムもいくつかあるようです。

評価

Ghost of Tsushimaは、新規IPなので全てが新鮮です。そして今までなかった、日本が舞台のオープンワールドなので更に新鮮です。昔の日本の広いマップを好きなように探索して、アイテムを集めることができます。

アイテムを集めれば、刀/弓や防具を強化することができます。これはSekiroにはなかったシステムなので、嬉しい要素です。そして、キャラクターの成長要素もあります。自分の好きなように、様々な能力を強化していくことができます。

マップ見ると、本当に広いようです。オープンワールドなので、移動は面倒になりますが、一応ファストトラベルはできるようです。マップからアイコンを確認すると、貰える報酬が前もってわかるので、欲しい報酬がある場所を優先するということもできます。

下の黒い部分が序盤1時間で探索したエリア 地図

貰える報酬 褒美

フィールドは色鮮やかで綺麗です。オープンワールドなので密度はあまりありませんが、いろんな色の風景を堪能することができます。

景色

ゲーム序盤をプレイした段階では全てが新鮮で最高のゲーム体験をすることができました。トレーラーやゲームプレイ動画を見て、日本を舞台にした新規IPに魅力を感じ、オープンワールドに抵抗がないならば購入するべきゲームだと思います。

操作方法

操作説明

ソフト発売情報

  • タイトル
    Ghost of Tsushima
  • ジャンル
    オープンワールド時代劇アクションアドベンチャー
  • 機種
    PS4 (PS4 Pro Enhanced)
  • 発売日
    2020年7月17日予定
  • 価格
    パッケージ版 6,900円+税
    ダウンロード版 通常版 7,590円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス版 8,690円(税込)
  • 開発元
    Sucker Punch Productions
  • 発売元
    (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 予約
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。