PS5:東京アクション「GhostWire:Tokyo」のゲーム詳細が公開!次世代機でプレイできる新体験

ゴーストワイヤー

三上真司氏率いるTango Gameworksが開発するPS5ソフト「GhostWire: Tokyo」(ゴーストワイヤー トーキョー)のゲーム詳細が明らかにされています。

GhostWire: Tokyo

ストーリー

2021年、東京。人口の99%が突如消失するという大異変が突如発生。常識では説明のつかない人体消失事件を追うように、謎の不気味なモノたちが街中に溢れ出した。

静まり返った通りをさまようのは、その意図するところも知れぬ霊たち。亡霊たちを浄化し、人体消失の謎を解き、東京を救う使命は、不可思議で強力な超常の力を得た主人公の手に託される。

不可思議な存在に立ち向かい、東京を救え

  • 人口の99%が忽然と消えるという壊滅的なオカルト現象が発生し、主人公は失われた大都市、東京を救うためにひとり立ち上がります。
  • 人々が消滅した後、不思議な巡り合わせから主人公は超常的な能力を獲得します。
  • 超現代的な都市景観と驚くほど古風な神社が融合する美しい都市を探索。東京に取り憑いた邪悪な妖怪(「ビジター」と呼ばれる)と対決します。
  • とはいえ、主人公に襲いかかるのは、街をうろつく妖怪だけではありません。人々が忽然と消えたこと、ビジターが現れたこと、そして主人公が超常的な能力を獲得したことなど、超常現象の背景にいるのが般若の面をかぶった影の集団です。
  • 彼らが何者なのか、何が目的なのか、主人公とどのように関わってくるのかは謎です。主人公の使命は彼らの真意を探り、謎を解き明かすことです。
  • 日本の昔ながらの幽霊・妖怪譚や都市伝説に基づいて敵をデザイン。ですが、現代日本のサラリーマン姿の顔のない幽霊を出すなどをして、現代的なひねりを加えています。単純に怖いというだけでなく、背筋が冷たくなるような不気味さも備えています。まるで本当に現代の東京で昔話から現れ出た邪悪な霊と闘っているような感覚をプレイヤーに与えます。

マップ

登場する妖怪の例

  • 雨わらし:
    黄色いレインコートを着た幼子。両親から引き離された強い悲しみと無邪気ながらいたずらな性格を持つビジター。危険な目に遭うと助けを呼び、他の妖怪を引き寄せる。
  • 白無垢:
    伝統的な純白の花嫁衣装の妖怪。花嫁姿をしているが、実は強い感情が具現化した存在。後悔の念と決して結婚できなかった相手への強い思いを持つ。
  • 口裂け:
    実際の都市伝説「口裂け女」から生まれた、身のこなしの軽い強力な敵。すばやく距離を詰めて大きなハサミで襲いかかる能力を持つ。「私、きれい?」と聞かれたら身構えなくてはいけない。なぜなら正しい答えは存在しないから。

妖怪の種類

戦闘の新しい形

  • Ghostwireはホラーではありません。不気味なテイストの世界観ながら、開発陣が本作で狙うのは、アクションアドベンチャー・ジャンルへの進出です。
  • プレイヤーは、アップグレード可能な多数の超常の能力を武器に、街をさまよう霊を浄化し、かつての東京を取り戻してゆくことになります。
  • アクションを楽しませる部分のゲーム開発をサポートするのは原慎一郎氏。DOOM(2016年)のプッシュフォワード戦闘およびグローリー・キルを開発しました。
  • 原氏とTango Gameworksのコンバットチームが協働し、九字護身法に着想を得た緻密なコンボベースシステムを開発しました。完全新機軸のコンバットシステム、さらにPS5の新機能である触覚フィードバックやアダプティブトリガーの力によって、1回1回の戦闘が全く新しく感じられます。
  • 原氏はこう語ります。「プレイヤーの皆さんには、呪術とハイテクを駆使する最強の忍者のような気分で、邪悪な霊をたくさん倒してほしいんです。シンプルな銃などの代わりに、複雑で入念な手の動きを主要武器に選んだのはそのためです。キャラクターの身体の一部である手を武器とすることで、銃にはない動きや個性やレスポンスがプレイヤーアクションに加わります。これは Ghostwireの全く独自のシステムです。言うなれば”カラテ・ミーツ・マジック“ですね。魔法使いは身体的に弱いというイメージを持たれがちですが、Ghostwireの場合は違います。Ghostwireでは、武道の動きで魔術を使うんです」
  • 「Ghostwireでは、遠距離からトドメを刺すこともできます。一般的には、敵の近くにいないとトドメ技を使えないゲームがほとんどですが、Ghostwire では近接だけでなく遠距離からも可能なんです。マレビトが弱体化して『コア』が晒されたら、霊的ワイヤーでコアを引き抜けます。このワイヤーを使って複数の敵を連続で倒すこともできます」
  • 重要なのは「敵を知る」こと。出会うマレビトの1体1体に注意を払いましょう。敵の強みや弱点、例えばどのようなタイプの攻撃に弱いか(あるいは耐性があるか)が分かるかもしれません。

武器

冒険の舞台、東京の探索

  • 東京の景観が丁寧に再現され、プレイヤーにとっても馴染みのある場所が、新鮮な(そして少し不気味な)タッチで描かれています。
  • PlayStation 5の忠実なビジュアル再現性、さらには3次元音響と触覚フィードバックにより、Ghostwireの世界を隅から隅まで、さながら本当にそこにいるかのように体感できます。
  • ゲームディレクター木村憲司氏は、こう語ります。「Ghostwireに登場する東京は、奇妙な超常現象によって人口のほとんどが消失しており、私たちの知る街とは全く違う姿になっています。通りは静まり返っていて、生者の世界を霊がさまよっている。細い路地裏を歩けば、現実離れした『あちら側』が垣間見えるかもしれません。未体験の『東京』が広がっているんです」

舞台

Astro ゲーミングヘッドセット A40
Astro ゲーミングヘッドセット A40
PS4対応の高性能ゲーミングヘッドセット
PS4用 FPS Freek Galaxy
PS4用 FPS Freek Galaxy
精確なAIMができると好評のアタッチメント