PS4:侍アドベンチャー「Ghost of Tsushima」の開発者インタビュー映像(日本語字幕)が公開!

ゴーストオブツシマ

PGW2017でPS4ソフトとして発表された侍アクションアドベンチャー「Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)」(仮称)について語る開発者インタビュー映像の日本語字幕バージョンがSIEJAによって公開されています。

PGW 2017で発表されたPlayStation®4用ソフトウェア『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』(仮称)を、開発に携わったサッカー・パンチのクリエイティブ&アートディレクターのジェイソン・コーネルと、クリエイティブディレクターのネイト・フォックスが解説します。

4分21秒となっている映像では、「inFAMOUS」シリーズなどでオープンワールドアクションに定評のある開発スタジオ「サッカー・パンチ」の開発者が、舞台に日本を選んだ理由、何故「侍」にしたのか、本作品がどのように生まれ、どのような作品となるかなどが語られています。

『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』

時は1274年、豊かな自然と人々の生活が息づく対馬に、突如モンゴル帝国軍が襲来。美しき島は一夜にして戦場と成り果て、圧倒的なモンゴル軍の武力の前に、島の守備隊は為す術なく陥落します。島は炎と混乱に包まれ、武士たちは全滅したかに思われました。

しかし、この戦場で生き残った"侍"がいたのです。プレイヤーはこの"侍"となり、単身で再び戦場へと戻ります。圧倒的な敵の軍勢に対し、それまでの名誉ある戦い方を捨て、戦場の"ゴースト(亡霊)"として――すべては、自由と勝利のために。

楽天市場: 楽天イーグルス感謝祭 ポイント最大43倍!
楽天ブックスで最大80%オフ&クーポン配布
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。