PS5(仮)の公式情報。2019年発売はなし、PS4互換性あり、SSD採用、レイトレーシング対応など

0 プレイステーション    

PS5

次世代プレイステーションの開発に携わっているというMark Cerny氏が、海外メディアのインタビューにて、プレイステーション5(仮)の情報をいくつか明らかにしています。海外のPS公式Twitterはこの情報をツイートしており、国内Twitterはそれをリツイートしているので公式情報と考えていいようです。

現時点でのPS5(仮)の情報

  • 次世代PlayStationは、最終的に「PlayStation 5」と呼ばれるようになるだろう。
  • 2019年内に店頭に並ぶことはない。
  • ゲーム開発者向けに開発キットを既に配布している。
  • PS4と同じく、Mark Cerny氏がPS5(仮)のリードシステムアーキテクトを務める。
  • CPUは、AMD Ryzenの第3世代がベース (8コア、7nmプロセスのZen 2)
  • GPUは、AMD RadeonのNaviシリーズのカスタムを採用。リアルな光を描写できるレイトレーシングをサポート。
  • 3Dオーディオ用のカスタムユニットも採用。
  • PS3とPS4ではあまり変化なかったオーディオ体験が劇的に変わったということを示したい。上から、後ろから、横からプレイヤーに届くとゲームに夢中になれる。(外部デバイスなしで実現)
  • VRは我々にとって非常に重要。現在のPSVRヘッドセットは新しいコンソール機と互換性がある。これ以上のPSVR戦略は今は言えない。
  • 新しいCPU・GPU・ビジュアルエフェクト・オーディオエフェクトだけでなく、ハードドライブもどうにかしなければならない。
  • PS5(仮)には、スペシャライズされたSSDを搭載。Spider-ManでPS4 ProとPS5(仮)の開発機と比較すると、ファストトラベルが15秒から0.8秒になった。
  • PS5(仮)は、ダウンロード専用機ではなく、物理メディアを採用。一部PS4のアーキテクチャをベースにしているため、PS4との後方互換性がある。
  • PS4とPS5(仮)の世代交代は穏やかなものになるかもしれない。数多くのゲームがPS4とPS5(仮)の両方向けに発売されるだろう。
PS4用 FPS Freek Vortex
PS4用 FPS Freek Vortex
精確なAIMができると好評のアタッチメント
Crucial SSD 1000GB
Crucial SSD 1000GB
PS4/PC向けの高速ストレージ
コメント 0 件