PSVR2(仮):新コントローラーの特徴とデザインが公開!PS5向け次世代VRシステム

プレイステーション    

プレイステーションVR

国内外のPS.Blogが更新され、PS5向け次世代VRシステムで利用できる新コントローラーの特徴とデザインがお披露目されました。

PSVR2(仮)はより没入感のある体験が可能に

PSVR2(仮)には専用のVRコントローラーが用意されます。新コントローラーでは、従来のゲーム体験を超える没入感と、まるでその場にいるかのような「センス・オブ・プレゼンス」のさらなる追求を目指すとのことです。

コントローラーは握った際に自然と手にフィットするオーブ型で、エルゴノミクス(人間工学)も重視したデザインとなっているようです。DualSense ワイヤレスコントローラーを踏襲する機能も搭載されています。

PSVR2

アダプティブトリガー

左右のVRコントローラーそれぞれにアダプティブトリガーボタンが搭載されており、DualSenseコントローラーと同じように、抵抗を感じることができます。

例えば、弓で狙いを定める時や何かを引っ張る時の感覚が指先で味わえます。VRコントローラーにアダプティブトリガーを搭載することで、ゲーム体験を新たなレベルにパワーアップさせることができます。

ハプティックフィードバック

新たなVRコントローラーの形状に最適化したハプティックフィードバックが搭載されており、ゲーム内でのあらゆる感触をさらに強力に、あるいは手触りやニュアンスが感じられる表現を可能にします。

岩石がごろごろと横たわる砂漠を横断している感覚や、近接攻撃で拳を交わし合う感覚など、感触の違いがはっきりと感じられ、VR体験の要である映像やオーディオをさらに際立たせることができます。

フィンガータッチ機能

コントローラーには、押さずとも触れるだけで指を認識する機能を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に搭載しており、ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が可能となります。

トラッキング

オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングします。

アナログスティック/アクションボタン

右のコントローラーには、アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンが搭載されています。

コントローラー

左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタンが搭載されています。

グリップボタンの用途としては、たとえばゲーム内のオブジェクトを「つかむ」といったときに使えます。

バーチャルリアリティ

PSVR2(仮)の開発はまだ半ばとのことで、2021年には発売されないと明言されています。

SteelSeries Arctis 7P
SteelSeries Arctis 7P
PS5に最適化された無線ヘッドセット
DualSense ワイヤレスコントローラー
DualSense ワイヤレスコントローラー
コントローラーの予備としても