新型PSVR発表で品薄改善!新型モデルは日本先行、PU単体販売・交換などは実施せず

0 プレイステーション 

プレイステーションVR

新型PSVR発表で品薄改善!

10月2日、新モデルとなるPSVR(CUH-ZVR2)が発表され、ヨドバシカメラビックカメラなどで予約受付が開始されました。現在も在庫切れになることはなく、予約可能な状況となっており、欲しい人全員が購入できるまでに品薄は改善したようです。

また、日本国内販売取扱店舗を、394店舗から913店舗に拡大するとアナウンスしています。 約2.3倍も拡大しても問題ない状況まで在庫が確保されたという事になり、ネット通販の在庫も多いみたいなので、ついに店頭にPSVRパッケージが並ぶ日がやってきたのかもしれません。

PSVR新型モデルは、PlayStation®Cameraとセットにした「PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版(CUHJ-16003)」として、日本国内にて2017年10月14日(土)より希望小売価格44,980円+税で発売されます。

新型モデルは日本先行

価格改定は海外が先でしたが、新型モデルは日本が先に発表されたようです。北米での新型モデル発売時期は今後アナウンスされ、PSVRバンドル価格と同じ価格だとアナウンスしています。

新型モデルは、プレイする際に邪魔になるケーブル配線が最小限になるように改善。付属のイヤホンをヘッドセット本体に装着できるようになり、音量ボタンは本体に配置されました。

psvr

プロセッサーユニットの単体販売・交換などはなし

新型モデルのプロセッサーユニット(PU)がHDR映像のパススルーに対応したことで、テレビがHDR対応のユーザーは、PS4ゲームで遊ぶ時にケーブルを接続し直す手間がなくなります。ですが、現モデルCUH-ZVR1と新モデルCUH-ZVR2のケーブルは異なるため、現在PSVRを所有しているユーザーがPUのみを交換して使用することはできないとのこと。

PUのHDRパススルー対応というのは、テレビに出力される映像に影響する機能であり、PSVR液晶の画質がよくなる機能ではありません。

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 0 件