PSVRにも対応。YouTubeの新規格「VR180」により、VRビデオが制作しやすくなる

0 プレイステーション   

PSVR

Googleは、YouTubeとDaydreamチームが協力して開発した新しいビデオフォーマット「VR180」を発表しました。360度ではなく、180度のVR映像となる新しい規格です。

新しいVRフォーマット「VR180」

新規格「VR180」は、360度映像を前方のみにすることで、これまでよりもカメラなど機材が安くなり、最適化もしやすくなるようです。YouTubeでより没入感のある動画を制作したいというクリエイターや視聴したいというユーザーの声があったとのこと。

VR180ビデオは、目の前にあるものに焦点を当てることで、デスクトップ、Cardboard、Daydream、PSVRなどで360度映像よりも高解像度となり、見た目が良くなります。また、クリエイターとファンがリアルタイムで一緒にコンテンツを共有できるように、ライブストリーミング動画もサポートしています。

180度

カメラはこれまでと同じもので撮影することもでき、Adobe Premiere Proのような使い慣れたツールを使用して編集することができます。そして、Daydreamチームは複数のメーカーと協力してVR180のためのカメラを開発しており、一般的なカメラとあまり変わらない価格で購入できるとのことです。

YouTubeは既に対応済み

YouTubeは「VR180」に既に対応しており、"VR180"で検索するといくつかのVR180動画がヒットします。

また、数日前にはPS4のYouTubeアプリにアップデート2.03が配信され、PSVRの再生機能が強化されています。

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。