PSVR2のデザイン(外観)が公開!PS5同様に白黒に

プレイステーションVR2

PS5向けの次世代VRシステム「PlayStation VR2」(PSVR2)のVRヘッドセットと、コントローラーのデザイン(外観)が公開されました。

PSVR2のデザインはPS5にマッチ

PlayStation VR2のヘッドセットは、PlayStation VR2 Senseコントローラーとマッチするオーブ型を採用。丸みを帯びた形は、プレイヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じる360度の視界を表現しているとのことです。

プレステVR

開発チームは、リビングルームに溶け込むようなスタイリッシュなデザインであることに加えて、使っていることを意識せずにゲームの世界に没入できるヘッドセットを目指して開発してきたようです。

そのため、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたデザインを重視し、さまざまな頭の大きさの方々が快適にお使いいただけるように検証を重ね、初代PSVRで好評のヘッドセットの重量バランスや、一本のヘッドバンドだけで頭部に固定する構造はPSVR2でも採用されています。

また、既にPSVRを遊んでいただいている皆さまも違和感なくお使いいただけるよう、ヘッドセットのスコープ部分と顔の距離を調整するためのスコープ調整ボタンステレオヘッドホン端子の位置も共通して配置されています。

PS VR2

さらに、PSVR2ヘッドセットは、両目のレンズ間距離をプレイヤーの目の間隔に合わせることができるレンズ調整ダイヤルを搭載。プレイヤーごとに合わせた最適な映像体験を楽しめます。

そして、よりスマートなデザインにしたことで、若干の軽量化も実現。新しく通風孔も搭載されており、快適なVRヘッドセットとなっています。

お楽しみ要素のひとつとして、ユーザーの皆さまに心地よい感触を楽しんでいただけるように、PS5本体やDualSense ワイヤレスコントローラーのデザインにあしらった小さなシェイプス(△〇×☐)も、PSVR2のヘッドセットのバンドの前後に採用されています。

PS VR2のデザインに取り組み始めた頃、まず注力したのはPS5で実現したような、換気効率の高い設計でした。VRタイトルに没入しているときにレンズが曇ってしまわないように、通風孔を設けるというエンジニアのアイディアから始まり、最終的なデザインでは、スコープの上面と前面の隙間に小さな空間を設けることで、効果的な換気を実現しています。

今回のデザインに至るまでの間、数々のユーザーテストを重ね、多くのデザイン、プロトタイプを製作してきました。デザインの仕上がりには非常に満足しており、PlayStation®ファンの皆さまも同じように感じていただけることを願っています。皆さまに手に取っていただくのが待ち切れません。

SIE デザインセンター シニアアートディレクター 森澤有人

ちなみに、PSVR2の開発キットは既にゲーム開発者に提供されているとのこと。2023年末に発売される可能性もありそうです。

ASTRO Gaming HDMIアダプター
ASTRO Gaming HDMIアダプター
光デジタル端子が必要な時に
SteelSeries Arctis 7P
SteelSeries Arctis 7P
PS5に最適化された無線ヘッドセット