MicrosoftのPCVR「Windows MR」はSteamにも対応!Minecraft、Halo、ARK Parkなどを体験可

0 Steam    

ウィンドウズ

AR、VR、MRを体験できる「Windows Mixed Reality」のヘッドセットが、SteamのVRゲームに対応することが新たに発表されました。同時に多くのパートナー企業も発表されています。

「Windows Mixed Reality」は、ARとVRが合わさったようなMR (Mixed Reality)が体験可能。前面のカメラと内部ディスプレイのCGを利用してMRコンテンツを体験できます。ディスプレイが搭載されているのでVRコンテンツも体験することができますが、PCVRが欲しいユーザーにとってはSteamに対応しなければ意味がありません。

SteamのVRゲームは、HTC Vive、Oculus Rift、OSVRでプレイ可能でしたが、新たにWindows MRも対応することが今回発表されています。ユーザーは今後PCで主要となりそうなSteam対応PCVRヘッドセットを低価格で所有できるようになります。

Windows MRヘッドセットは、Lenovo、DELL、Acer、HPなどから2017年秋以降に発売予定となっており、内部仕様は変わらず、ヘッドセットの形状や仕様が異なります。トラッキングはヘッドセット内部のセンサーで行うため、外部センサーは不要。Windows MRヘッドセットとモーションコントローラーの同梱版は最低399ドルから提供されます。

動作はWindows 10を搭載しているPCのみ利用可能で、コンテンツはSteamの他、Windowsストアで提供されます。コンテンツパートナーには、ARK Park、hulu、Minecraft、Sony Pictures、SUPERHOTなどが含まれています。また、Haloの体験をMRで実現するために343 Industriesと協力していることも明かされています。

HMD

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。