BF2042:今後のアプデ計画と第2弾アップデートのパッチノート一部!武器バランス調整も

ツイート B! はてブ BF2042  , , ,

battlefield 2042

BF2042の公式サイトが更新され、今後のアップデート計画と、第2弾アップデートでは武器のバランス調整も実施されることが明らかにされています。

今後のアプデ計画について

  • Battlefield 2042は、世界中の開発チームが24時間年中無休でゲームを進化、改善させています。
  • (過去作にはスコアボード、サーバーブラウザー、ボイスチャット、統計画面、豊富な設定項目などがありましたが、)開発チームはレガシー機能の復活は慎重に検討することを保証します。レガシー機能については言いたいことがありますが、詳細は今後お伝えします。
  • 海外時間の11月25日に第2弾アップデートを配信します。12月上旬には第3弾アップデートが配信されます。2022年初頭にはシーズン1が開幕します。
  • 発売以来、バックエンドに多数の変更を加え、サービスがほぼ意図したターゲットレベルで動作されるようになりました。
  • サーバーでプレイ中に発生する可能性のあるいくつかの重大な問題については迅速に解決したいと考えています。
  • ごくまれにサーバーでヒットマーカーが正しく登録されないことがあります。再現は難しいのですが、この問題の原因を特定し、修正できるように積極的に取り組んでいます。
  • PC版のクライアントパフォーマンスについて。現在CPUに依存しており、ハイエンドのGPUやCPUを搭載していても、安定した高フレームレートの恩恵を受けていないことを認識しています。エンジンレベルの最適化を行いますが、それには時間がかかります。その前に、負荷を軽減し、可能な限りフレームレートを向上させるパフォーマンス改善を提供するために、出来る限りの努力をします。
  • PC版のマウス感度設定に関連して、照準の動作に奇妙な矛盾があるようです。これはいくつかの設定が正しく適用されていない問題があり、第3弾アップデートで修正される予定です。
  • コンソール版のエイムアシストについて。設計通りに安定して動作しないことを認識しており、現在調査中です。
  • 武器のスプレッド(拡散)について。多くの武器、特にAK-24のようなアサルトライフルでは、スプレッドが高すぎる傾向があり、特にズームして移動すると、マップの平均戦闘距離では問題のある交戦が発生します。開発チームは多くの武器に一連した調整を実施しました。
  • ポータルでは経験値(XP)ををファームするためのサーバーが作成されました。そのため、ソロ/CO-OP/カスタムポータルで全体の進行を一時的に無効にしました。先週末、上限を再導入し、XPとプログレッションの制限を開発して、カスタムポータルでXPを再度有効にしました。

第2弾アップデート内容

武器バランス調整

  • ズームおよび移動時の全体的なスプレッドを減少。
  • 多くの武器の静止ズーム精度の向上。
  • ショットのペースを調整するとき、スプレッドがより早く減少するようになりました。これは単発や短いバースト撃ちで使いやすくなることを意味します。
  • PP-29の垂直反動が増加し、意図した範囲外での戦闘時に武器の性能が過剰にならないようにしました。

ビークルバランス調整

  • LCAAホバークラフトはより軽い装甲が装備され、耐久値が下がります。また、武器の一部を再調整しました。
  • 過度のスプラッシュダメージを発生させていたナイトバードの20mmキャノンを調整した。
  • バトルフィールドポータル バトルフィールドバッドカンパニー2のマップで利用可能なUAV-1インタラクションを再度有効にします。

バグ修正

  • 蘇生を改善し、兵士が壁やオブジェクトの近くでダウンしたときに蘇生できない問題に対処します。
  • プレイヤーが長時間ダウン状態になる可能性のある問題を防ぎ、必要に応じて手動でリスポーンを強制するのに役立つリスポーン保護システムを追加します。
Battlefield 2042 サウンドトラック
Battlefield 2042 サウンドトラック
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
PS5, PS4, PS3, PS Vita