BF5:中隊とは?同じ武器/ビークルを複数所持して、異なる成長が可能

0 BF5     

バトルフィールド5

BF5の公式サイトにて、中隊システムについて詳しく説明されています。バトルフィールドVでは、幅広いカスタマイズが可能となります。

中隊とは?

中隊とは、成長・カスタマイズすることのできるプレイヤーごとのユニット・装備のコレクションのことです。コレクションには、武器からビジュアルカスタマイズ要素まで、ありとあらゆる物が含まれています。ですが、ビークルのビジュアルカスタマイズは発売後の追加となります。

中隊は勢力ごとに作成でき、中隊は自分専用の部隊として考えることもできます。プレイスタイルに合わせた武器や、ビークルと武器の特化ツリーを進め方をプレイヤーが選ぶことができます。

見た目 兵士ビジュアル

中隊を作り上げる

ゲームの発売時点でマルチプレイヤーには、イギリス軍ドイツ軍の2つの勢力が存在し、初めての中隊は両勢力から作り上げることになります。中隊は勢力ごとに作り上げることができ、それぞれが兵士とビークルのセットとなっていて、さまざまなカスタマイズができます。

「Battlefield V」で費やしたすべての時間が、中隊の成長につながります。キャリア、兵科、武器、ビークル、チャプターの各ランクの進行システムにより、兵士、武器、ビークルを、それぞれアンロックして、そこからさらに高度なカスタマイズを進めることができます。

見た目 武器ビジュアル

中隊の進行システム・カスタマイズ

中隊のコア要素は時間と共に、深みと広がりの両方を増していきます。特化ツリーで成長の方向を選択し、さまざまな武器の要素を新しく得たり、改良したりすることができます。

すべての方向性を模索したいなら、同じ武器やビークルを複数所持して、異なる成長を行わせることができます。MP40が好きな場合、複数のMP40を所持して、それぞれで異なる性能や見た目を追求することができます。一つは腰撃ちを強化し、もう一つは反動を軽減するなどです。

スキル 武器/ビークルの専門技能

コンバットロール(アーキタイプ)

コンバットロールは、これまで「アーキタイプ」としても紹介されてきたシステムです。基本である斥候兵(偵察兵)、援護兵、突撃兵、衛生兵の4兵科をさらに特化しています。

ゲーム発売時は各兵科で2つのコンバットロールが選択可能で、1つを標準として装備しています。特定の目標を達成するのに、より柔軟な戦術の転換を可能にするサブクラスのようなシステムです。

例えば、突撃兵で前線を押し込んでいる時に敵が戦車の数を増やしてきたなら、対車両戦闘に特化したコンバットロールに素早く切り替えることで、戦術を最適化できます。

コンバットロール(アーキタイプ)

中隊の武器とビークル

武器

新しい武器はプレイなどで獲得することや、ゲーム内通貨でアンロックすることができます。入手した武器は戦闘で使うほどに、レシーバー、ストック、バレル、マズルなどの追加のカスタマイズオプションを解放できます。

性能と見た目にまつわる武器のアップグレードの道筋は、プレイヤー自身で選択できます。武器の見た目のカスタマイズでは、倒した相手に愛銃のデザインを印象付けられるような、ボディ、レシーバー、ストック、バレル、マズル、その他各所にスキンを適用してみてください。

ビークル

最初は勢力ごとに、戦車1台、航空機1機が用意されています。ビークルもゲームプレイを通して獲得するか、ゲーム内通貨を使ってアンロックすることができ、戦場での使い込みに応じてアップグレードを進めることができます。

ビークルのビジュアルカスタマイズは発売後に使用可能になりますが、自分だけの戦車の塗装や土嚢の配置、迷彩などをカスタマイズできます。

バトルフィールド5
Battlefield V
発売日: 2018年11月20日
PS4通常版:8,424円(税込)
PC通常版:6,264円(税込)

楽天市場スーパーDEAL お買い物マラソンでポイント最大43倍!9/26 2時まで

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件