BF5:今後のアップデート予定情報が少し公開!ゲーム改善/新マップ/5vs5モード開発中止

0 BF5     

BFV

BF5の公式サイトが更新され、チャプター4とチャプター5のアップデート情報が少し明らかにされています。

BF5 アップデート予定情報

ゲームアップデート

  • カクつきの問題とヒットボックスの同期ずれ問題の修正、コモローズの調整(アップデート4.4)
  • 新しい2つの歩兵マップとランク上限の拡張も導入(アップデート4.4)
  • ゲームの安定性、ダメージ関連のUIコミュニケーション、その他コミュニティーから寄せられた多数の項目への改善

マップ「Al Sundan」のアップデート

  • 同マップは予定していたモードの一部でご利用いただけなくなっています。この不具合は特殊なグラフィックの問題で、現在も解決できておりません。
  • 開発チームでは9月のアップデート4.6でその修正を導入すべく尽力中ですが、まずは解決策が確実に機能し、他の箇所で問題を起こさないか確認が必要なため、確定ではありません。

2つの近接戦マップ

  • 白熱の新歩兵戦専用マップ「Provence」「Lofoten Islands」はタイトな戦術戦闘を好むプレイヤー向けにデザインされています。
  • 占領下フランスの路地や、ノルウェーの2つの島でハイペースな戦闘に直に飛び込むことができ、複数の回り込み手段が用意されており、奇襲やチョークポイントにも注意が必要です。
  • いずれもアップデート4.4で導入され、最初は分隊コンクエストとチームデスマッチの2モードに対応しています。

BFVの競技プレイについて

  • ゲーム体験の質の向上と、皆さんの求めるコンテンツの追加を優先するため、5対5の競技モードを導入するという計画から退くことになりました。
  • このモードの制作に着手しないことは難しい決定でしたが、バグ修正とコンテンツ追加の目標をすみやかに達成するためには欠かせないものでした。ですが、バトルフィールドでの競争力のあるゲーム体験の構築は引き続き追求します。
  • この方針の変更により、プレイヤーの皆さんが望む新コンテンツの追加にさらに注力することが可能になり、同時に、既存の白熱のモードに新しい楽しみ方を提供することができます。

クラシックマップの再来

  • 9月のアップデート4.6では、コンクエスト、チームデスマッチ、ブレークスルー、分隊コンクエストにOperation Undergroundマップが導入されます。
  • その後、タイド・オブ・ウォーの期間限定でラッシュもプレイ可能になります。
  • Operation UndergroundはOperation Métroの再来で、内部テストでも非常に楽しいプレイが繰り広げられています。
  • 制作にあたっているのはかつてのOperation Métroの制作者たち自身で、ベテランファンの皆さんが気に入るだろうMétroのスタイルを引き継ぎつつも、まったく新しいゲームプレイに仕上がっています。

太平洋への帰還

  • ホリデーシーズン前半に皆さんが熱い戦いを繰り広げるであろう硫黄島マップの再来とさらに2つのロケーションの追加です。
  • これは新武器、新ビークル、新勢力、そしてこのチャプターで導入される新マップに対応した新ビジュアルを含めた超大型アップデートとなるでしょう。
BUFFALO ポータブルSSD 960GB
BUFFALO ポータブルSSD 960GB
PS4/PC向けの外付け高速ストレージ
PS4用 FPS Freek Vortex
PS4用 FPS Freek Vortex
精確なAIMができると好評のアタッチメント
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。