BF5:現在判明している新スポットシステムの仕様。3種類のスポットがある?

0 BF5     

BF5

BF5で改良されているという新スポットシステムについて、現在わかっている範囲での仕様をまとめてみます。新スポットシステムについては公式からの情報がなく、詳しく紹介されているサイトも見つけることができなかったため、以下の情報は間違っているかもしれません。

追記:製品版でのスポット機能は当ページの内容とは異なります。製品版の仕様は、BF5のスポット条件をご覧ください。

BF5のスポットについて

EA PLAYで体験できたグランドオペレーションのゲームプレイ映像を見ると、BF5のスポットは大きく分けて2つあるようです。1つがキー入力でマーカーを付ける「手動スポット」、もう1つが自動でマークされる「自動スポット」です。

手動スポットを実行すると、マップ上とミニマップに赤い三角マーク(▼)が表示されます。このスポットは味方に共有されているようで、三角マークまでの距離とロケーション名も表示されます。

ただ、このスポットはロケーションをスポットするシステムとして機能するようで、スポットマーカーが動くことはありません。敵兵や戦車に向かって手動スポットをしても、目標物を追従しないということです。

自動スポットについて。とある条件を満たすと、マップ上の敵兵に赤いひし形の兵科アイコン(◆)が自動で付くようです。このひし形アイコンは、敵兵を追従しますが、ミニマップにも表示されるわけではないようです。ミニマップに赤点が表示されていなくても、マップ上の敵兵にはひし形アイコンが表示されていることがあります。

プレイ映像を見ると、照準を合わせただけでマークされたり、射撃を行うことでマークされたり、射撃をしてもマークされなかったりしていて条件はよくわかりません。敵が障害物などに隠れて射線を遮ると敵スポットは外れるようです。

追記:照準を合わせただけでマークされるのはプレアルファ版のバグだった模様。

自動スポットで、ミニマップのみに赤点が表示され、マップ上の敵兵にはひし形アイコンが表示されていない場合も確認できます。援護兵の機関銃手、偵察兵の空挺偵察兵が装備できるフレアガンでもミニマップのスポットは有効になります。

ミニマップの敵兵(赤点/方向) マップ

自動スポットは、3Dスポットとミニマップの片方だけ機能していることもありますが、両方機能していることもあります。味方に全ての自動スポットが共有されているのかは不明です。

これらの情報はプレアルファ版のゲームプレイ映像から確認できた予想を含む内容のため、製品版とはシステムは異なる可能性があります。以下、スポットシステムを確認できるゲームプレイ映像。

バトルフィールド5
Battlefield V
発売日: 2018年11月20日
PS4通常版:8,424円(税込)
PC通常版:6,264円(税込)
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。