オーバーウォッチ:シーズン6変更点の追記。シルバー以上はクラス降格、勝敗レート増減調整

1 オーバーウォッチ    

overwatch

オーバーウォッチの公式フォーラムにて、デベロッパーアップデートに含まれなかったライバルプレイ シーズン6の2つの変更点を追加で説明しています。内容は、シルバー~ダイヤモンドでもクラス降格ありになり、勝敗決定後のスキルレート計算方法を調整したとのこと。

シーズン6変更点の追記

スキルティア(クラス)

シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドのプレイヤーは、そのティアの最小スキルレートを維持出来ない場合、スキルの低いティアに降格します。敗北後、システムはプレイヤーの現在のティアとスキルレーティングをチェックし、過去5試合でスキルレートが現在のティアの最小スキルレートを超えていない場合、降格します。勝利後に降格することはありません。(簡単に言えば、レートが下がってもティアアイコンが変わらなかったのが変わるようになるということ)

ですが、シーズン終了時に与えられるライバルダストは、そのシーズンで到達した最高のティアに基いて配布されます。シーズン6でプラチナ到達後、ゴールドでシーズンを終えても、プラチナに基いて多くのライバルダストが引き続き与えられます。

スキルレート

プレイヤーが勝利後にスキルレートはどれだけ与えられるのか、敗北後にどれだけ失うのかを決定するシステムの計算方法を調整しています。これらの変更は、特に勝率の低いヒーロー、プレイヤーが報告しているいくつかの異常な内容に対処することができます。

我々はこのシステムのチューニングを継続し、チームの勝利のために最高のチャンスを作ったと思うヒーローをプレイしたプレイヤーが奨励されるように追加の調整を行うことを約束します。

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

  • Feedly
  • B!
コメント 1 件

コメントの受付は終了しました。