ウイイレから「eFootball」にタイトル変更!新作は全機種対応&基本無料で発売決定

efoot

ほぼ毎年発売されてきたコナミのサッカーゲーム「ウイイレ」は、「eFootball」にタイトル名が変更されることがアナウンスされました。eFootballは全機種対応、基本プレイ無料で発売されるようです。

eFootball (イー フットボール)

これまで日本では「ウイニングイレブン」、海外では「Pro Evolution Soccer (PES)」という名称で発売されてきたコナミのサッカーゲームですが、2021年発売タイトルからは、国内外共に「eFootball 2022」というタイトル名になります。

発売日は2021年の秋、価格は基本プレイ無料のアイテム課金制となります。

名称変更の理由

コナミは、「次世代のサッカーゲームエンジンを創り出す」という新プロジェクトを始動。新たなサッカーゲームエンジンが生まれたそうですが、「ウイニングイレブン」の枠に収まらないものだったとのこと。

そのため、「eFootball™」へとタイトルを変え、新たなスタートを切ることに決定されました。「eFootball™」では次世代サッカーゲームを体感できるようです。

対応プラットフォーム

PS5、PS4、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox One、Windows 10(PC)、Steam(PC)、iOS、Androidに対応します。

将来的には、クロスプレイにも対応。対応する全デバイス間での対戦ができるようになる予定となっています。

ゲームの特徴

  • サッカーゲームエンジンが大きく進化し、アニメーションシステムも刷新。
  • ピッチ上で選手が行う膨大な動きを一連のアニメーションとしてデータ化し、その中から適切な瞬間をリアルタイムに選び出す「モーションマッチング」という技術を導入。
  • モーションマッチングにより従来の4倍を越えるアニメーションを搭載することが可能になり、リアルな動きと高いレスポンスを実現しています。
  • サッカーの興奮が詰まっている「1vs1」の攻防に焦点を当てた、ゲームプレーの進化やゲーム仕様の詳細は8月下旬に発表予定。
  • メッシ選手、ネイマール選手がアンバサダーに就任、ゲームプレーのアドバイザーはイニエスタ選手、ピケ選手に決定。

ロードマップ

初秋(発売)

  • 新ゲームエンジン搭載のeFootballをプレイ可能
  • クロスジェネレーションマッチを実現
    • PlayStation®5 vs. PlayStation®4 、Xbox Series X|S vs. Xbox Oneなど、同系統のデバイス同士でのオンライン対戦が可能になります。
  • ローカルマッチ
    • FC バルセロナ、マンチェスター ユナイテッド、ユヴェントス、FC バイエルン ミュンヘンなどのビッグクラブによる対戦がお楽しみいただけます。

  • クロスプラットフォーム(家庭用ゲーム機・PC)
    • PlayStation®5 vs. Steam®など、家庭用ゲーム機とPCとのオンライン対戦が可能になります。
  • チームビルドモード搭載
    • トレーニングで選手を育成し、強力な選手やレジェンドをチームに加えて、チームを強化できるチームビルドモードを搭載。自分の好きなフォーメーションと戦術に合ったお気に入りの選手・監督を集めて、オリジナルチームを作成できます。
  • オンラインリーグ開幕
    • チームビルドモードで作ったオリジナルチームで参加できるオンラインリーグが開幕します。
  • 「マッチパス」登場
    • 試合プレーの数に応じて好きな選手を指名して獲得できるアイテム等がもらえる、新仕様「マッチパス」が登場します。

  • 公式のeスポーツ大会開幕
  • クロスプラットフォーム(家庭用ゲーム機・PC・モバイル)
    • PlayStation®5 vs. モバイルなど、対応するすべてのデバイス同士での対戦が可能になります。
  • モバイルのコントローラ対応
    • 家庭用ゲーム機と同様に、モバイルにゲーム用コントローラを接続してプレーできるようになります。

eFootball 2022

eFootball 2022 公式サイト

ASTRO Gaming HDMIアダプター
ASTRO Gaming HDMIアダプター
光デジタル端子が必要な時に
SteelSeries Arctis 7P
SteelSeries Arctis 7P
PS5に最適化された無線ヘッドセット
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!