BF2042:PC版でフレームレート向上させる軽量化の方法/グラフィック設定

BF 2042

BF2042の動作を軽くしてフレームレートを向上させることのできるいくつかの方法をまとめています。

グラボのドライバアップデート

GeForceグラボを利用している場合、先行アクセスバージョンに対応するという「GeForce Game Ready Driver 496.49」が配信されています。

更新:BF2042に最適化されたという「GeForce Game Ready Driver 496.76」が新たに配信されました。

アップデートすることでフレームレートが向上する可能性がありますが、新しい不具合が発生する可能性もありますのでアップデートは自己責任でお願いします。

最新ドライバは公式サイトGeForce Experienceからダウンロードできます。

ゲーム内のグラフィック設定

以下の設定にすることでゲームの動作が軽くなります。
グラボの性能に合わせて「低」「ノーマル」を選択してください。

画面のセットアップ
フルスクリーンモードフルスクリーン
フルスクリーン解像度1920×1080
1600×900
1440×810
960×540
グラフィックのプリセット
グラフィックのクオリティーカスタム
テクスチャのクオリティー低/ノーマル
テクスチャのフィルタリング低/ノーマル
照明のクオリティー
エフェクトのクオリティー
ポストプロセスのクオリティー低/ノーマル
メッシュのクオリティー
地形のクオリティー低/ノーマル
草のクオリティー
アンチエイリアス・ポストプロセスTAA低
アンビエントオクルージョンオフ
詳細ト
DLSSパフォーマンス
レイトレース アンビエントオクルージョンオフ
NVIDIA Reflex 低遅延モード ※有効
先行フレームレンダリング ※オフ/オン
垂直同期オフ
高品質オブジェクトの数低/ノーマル

※低遅延モードを「無効」にした方がフレームレートが向上するという環境の人も居るようです。
※先行フレームレンダリングは、フレームレート重視の方は「オン」に、低遅延重視の方は「オフ」にするといいでしょう。

NVIDIAコントロールパネル

軽量

PCのデスクトップ画面を"右クリック" > NVIDIAコントロールパネル > 左の項目から"3D設定の管理" を選びます。

「グローバル設定」で設定を変更すると、他のプログラム(ゲーム)にも適用されます。「プログラム設定」ではBattlefield 2042にのみ適用させることができます。お好みでどうぞ。

以下の設定にすることでゲームの動作が軽くなります。
環境によって一部項目は表示されなかったり、追加の項目があったりします。

画像のシャープ化鮮鋭化オフ、スケーリング無効
CUDA – GPUすべて
DSR - 係数Off
DSR - 滑らかさオフ
OpenGL レンダリング GPU自動選択
アンチエイリアシング - FXAAオフ
アンチエイリアシング - ガンマ修正オフ
アンチエイリアシング - トランスペアレンシーオフ
アンチエイリアシング - モードオフ
アンチエイリアシング - 設定なし
アンビエント オクルージョンオフ
シェーダー キャッシュサイズドライバのデフォルト
スレッドした最適化オン
テクスチャフィルタリング - クオリティハイ パフォーマンス
テクスチャフィルタリング - トリリニア最適化オン
テクスチャフィルタリング - ネガティブLODバイアス許可
テクスチャフィルタリング - 異方性サンプル最適化オン
トリプル バッファリングオフ
バックグラウンドアプリケーション最大フレームレートオフ
バーチャル リアリティ - 可変ヘート スーパーサンプリングオフ
バーチャル リアリティ - レンダリング前フレーム数1
マルチフレーム サンプリング AA (MFAA)オフ
低遅延モード ※ウルトラ
垂直同期利用可能な最大値
優先的に使用するリフレッシュレートオフ
最大フレームレートオフ
異方性フィルタリングオフ
電源管理モードパフォーマンス最大化を優先

※低遅延モードを「オン/ウルトラ」にすると、フレームレートが低下する人が居るようです。自分の場合は「ウルトラ」の方がフレームレートが向上しました。

裏オプションの変更

マイドキュメントにある「Battlefield 2042 > settings」のPROFSAVE_profileを変更することでフレームレートが向上するかもしれません。

誤った保存をすると予期しない不具合が発生するかもしれませんので、自己責任で変更してください。

  1. Battlefield 2042を終了させる。
  2. PROFSAVE_profileのバックアップを取る。
  3. PROFSAVE_profileをメモ帳で開く。
  4. "GstRender.Dx12Enabled 0"を"GstRender.Dx12Enabled 1"に変更する。
  5. "GstRender.ShadowQuality 1"を"GstRender.ShadowQuality 0"に変更する。
  6. 保存する。

海外サイトで「GstRender.Dx12Enabled」「GstRender.ShadowQuality」を変更すると、フレームレートが向上すると紹介されていましたが、自分の場合はどちらもフレームレートが低下しました。自己判断でどうぞ。

コンソールでコマンドをうつ

Battlefield 2042起動中に「半角/全角」キーを押すとコマンド入力欄が表示されます。そこで「Render.ResolutionScale 1」と入力してEnterを押すとフレームレートが向上するかもしれません。

自分の環境ではデフォルトで「1」でした。デフォルト値は「Render.ResolutionScale 」のように数値を入力せずにEnterを押すと確認できます。

コンソールでのコマンドはゲームを終了するとリセットされます。コンソールを開いて半角に戻せなくなった人はこちら

新PCを購入する

上記の軽量化を試してもフレームレートが向上しない場合は高性能PCを購入するしかありません。
高画質の方がゲームを楽しくプレイでき、高フレームレートの方が敵を倒しやすくなります。

安く購入したいならセール開催中のゲーミングPCをご覧ください。

人気の価格帯

業界最大級のPCショップ「TSUKUMO」のゲーミングPCです。納期も比較的早めで、価格も低めです。

「Core i7-11700」「RTX 3070 Ti」「メモリ16GB」というPCスペックのため、フルHD/高画質/100fps前後でプレイすることができるでしょう。

マザーボードは人気の「H570 Phantom Gaming 4」、SSDは高速仕様の「M.2規格」となっています。

OS Windows 10 Home 64ビット版
CPU インテル Core i7-11700
メモリ 16GB DDR4-3200
グラボ GeForce RTX 3070 Ti
SSD 1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
マザーボードASRock H570 Phantom Gaming 4
電源 定格850W 80PLUS GOLD対応
価格 税込239,800円(2021.11.18時点)
詳細 TSUKUMO 製品ページ

後悔しない高性能

魅力的な価格と性能で販売する「フロンティア」のゲーミングPCです。

「Core i9-11900F」「RTX 3080 Ti」「メモリ32GB」というPCスペックのため、フルHD/高画質/120fps前後でプレイすることができるでしょう。設定を落とせばフルHD/144fpsも可能でしょう。

OS Windows 10 Home 64ビット版
CPU インテル Core i9-11900F
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3080 Ti
SSD 1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
HDD 2TB
電源 1000W電源 80PLUS GOLD
価格 税込354,800円(2021.11.18時点)
詳細 フロンティア 製品ページ

ゴムバンドで引っ張られるようなラグの問題はサーバーが原因です。ユーザー側でできることはありません。

ゲーミングイヤホン Logicool
ゲーミングイヤホン Logicool
2021年発売モデル
ゲーミングマウス Logicool G403h
ゲーミングマウス Logicool G403h
ゲーマーが使う定番マウス
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!