PS4版ロケットリーグのクロスプレイは実現まで時間がかかる模様。開発者がコメント

0 ロケットリーグ     

ロケットリーグ

ロケットリーグを開発するPsyonixのデベロッパーは、ユーザーに向けて、PS4のクロスプレイに関する最新情報についてコメントしています。内容を見ると、まだ時間がかかるようです。

ロケットリーグのクロスプレイについて

現在ロケットリーグは、PC/Switch/XB1間とPC/PS4間でクロスプレイが実現しています。9月26日、SIEはまずフォートナイトでオープンベータとしてクロスプレイ機能を解禁すると発表。今後どのようなタイトルが対応するのかは不明ですが、PsyonixのCEOは以下のようにコメントしています。

  • 全てのプラットフォーム間でのクロスプレイPsyonixの目標です。
  • 最初からロケットリーグはクロスプラットフォームのゲームとして開発され、テクノロジー・プロセス・ポリシーを常に遵守しておくことはPsyonixの義務でした。
  • ですが、クロスプラットフォームでのプレイは、PsyonixとRocket Leagueが独自に行うものではありません。多くのパートナーとの協力、ゲームシステムの調整が必要です。
  • そして今、全てのクロスプラットフォームのプレイ体験に向けて大きな前進をしたことは、最高に嬉しいことです。
  • クロスプレイの実現に向けて、我々がどれだけ努力してきたのかを理解してほしいです。実現するには、いくつか時間を必要とする多くの要因があります。
  • 我々は、何も言えないほどに興奮しています。統一されたロケットリーグコミュニティを実現するという我々のビジョンが現実になるのを待ちきれません。

SIEからクロスプレイ対応の許可を貰ったかについてはコメントされていませんが、高い優先度で実現に向けて進められているように思えます。クロスプレイ機能の配信時期は不明ですが、将来的にはPC/PS4/Switch/XB1間で対戦ができるようになりそうです。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件