BF2042:ノーパットの旅3「シンガポール、ブラニ島のコヨーテ」 (バックストーリー)

ツイート B! はてブ BF2042  , , ,

bf2042

BF2042の公式サイトが更新され、ゲーム内マップとして登場する「マニフェスト(シンガポール、ブラニ島)」のバックストーリーが公開されています。

ノーパットとは?

ノーパットとは、祖国から追い出され、時代に置き去りにされ、行き場をなくした人のこと。メディアは彼らを「ノン・パトリエイト」(非国家系)と呼ぶ。

かつて恵まれていた者や貧しかった過去を持つ者が、困難な情勢のもと、ノーパットたちは共に生きることを決心した。2040年、ノーパットに所属するかつて軍事および戦闘訓練を受けたスペシャリストが武装したタスクフォース(任務部隊)として立ち上がった。

BF2042でノーパットは、アメリカ側かロシア側どちらかの勢力につくかを決定し、自分たちの未来のために戦う。

ノーパットの旅 パート3「コヨーテ・ラン」

BF2042 ノーパットの旅2「インド、アランでの奇術」から続く物語。

2042年2月19日
シンガポール、ブラニ島

失うものなど何もない者にとっても、これが正気の沙汰でないのは明らかだった。

数か月間、プロセッサーから豚バラ肉まであらゆるものを輸送したあと、最新の貨物となったオーストラリア難民65人が、このタスクフォースの経歴に「コヨーテ(不法移民の仲介業者)」を追加した。霧の中から次の目的地が現れたときには、思わず息をのんだ…

シンガポールにある最新鋭の自動化された港である、ブラニ島を守るシーウォール(防波堤)を我々の船が通過したとき、辺りはまるで水を打ったような静けさだった。

ラオの奇術のおかげでスキャナーを迂回する認証情報が手に入ったのだろうが、その厳格さで有名なシンガポール海事港湾庁(SPA)がこの船に気付いたらどうなるか…

…一瞬のうちに大騒ぎになるだろう。

バトルフィールド2042

ブラニ島のシーウォールは、2030年代の激しい嵐から島を守った。

2030年代半ばには、海面上昇によって世界にある商業港の3分の1が壊滅した。これに対し、シンガポールはAI主導の貨物流通システムを守るための革新的なシーウォールを建設し、ブラニ島は世界貿易の中心地となった。

ノーパットの問題は馬鹿げたPRに起因している」とスペシャリストの“キャスパー”・ヴァン・デールはこぼす。

「シンガポールはかつて我々を許容していた。だが、テロリストとその生みの親が、同情を買うためにノーパットを名乗り始めてから面倒なことになった。アメリカはこの地の支配権を失うことを恐れ、悪評を広めてシンガポールにノーパットの艦隊をすべて締め出させた」

ストーリー

ブラニ島では港が完全に自動化されているが、ハッカーにとって不落のシステムなど存在しない。

奇跡的に、気付かれずに停泊できた。キャスパーはOV-P偵察ドローンを展開して安全を確認しながら、ラオは簡易ベッドやトイレ、10日間分の物資が装備された、くたびれた輸送用コンテナに難民を案内する。コンテナの中には何が入っているのか…

最後の難民が隠れ場所に滑り込む前にサイレンが鳴り出した。レンジャー(頭部に銃が装着された四足歩行のロボット)がまるで空から降ってきたかのように、我々の船に向かって突進してくる。キャスパーは敵の機械を素早く狙撃する。カッパーフィールド号が船着き場から急に動き出した。

驚くべきことに、ラオは島の自動分配システムをハッキングし、あらゆる場所にコンテナを投下して妨害を行う。しかし、これではまだ不十分だ。

SPAに追われて外洋に出る。銃声、悲鳴。さらに銃声が鳴り響く。何も聞こえない。その時、耳をつんざくような砲撃音が聞こえた。心臓が止まるほどの衝撃を受けながら、その爆風が地平線上に見える船団から発せられたことに気が付いた。

ノーパットの艦隊だ!漁船、コンテナ船、タグボート…武装している者がどれほどいるのかは不明だが、SPAはそんなことに興味はない。奴らは逃げ出した。世界には12億の難民がいると言われるが、その一部はこのタスクフォースの味方のようだ。

BF2042 ノーパットの旅4「韓国、ソンド 第三の勢力」に続く。

「バトルフィールド2042」はPC、PS5、PS4、XSX、XSS、XB1向けに発売されます。コンソール版の発売日は2021年10月22日、PC版の発売日は2021年10月23日となっています。オープンベータは9月を予定。

Battlefield 2042
Battlefield 2042
おすすめゲーミングヘッドセット一覧
おすすめゲーミングヘッドセット一覧
PC/PS5/PS4の人気ヘッドセット
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!